【お得】楽天モバイルが「3カ月間無料キャンペーン」を開始

iPhone 13 Proは可変120HzのLTPO有機ELディスプレイ搭載か。サムスンが独占供給の報道

iPhone 13シリーズは、現行の12シリーズと同様に4機種がラインナップされると予想されている。そのうちの一部のモデルは、iPhone初となる120Hzのリフレッシュレートに対応する可能性が高い。

韓国メディアTheElecによると、iPhone 13シリーズにはSamsung Display製のLTPO有機ELディスプレイが採用されるとのことだ。

スポンサーリンク

iPhone 13、120HzのLTPO有機ELディスプレイ搭載か

LTPO有機ELディスプレイは、リフレッシュレートを柔軟に変更できる。画面をスクロールしているときには滑らかな120Hz、コンテンツを表示しているだけのときには60Hz、場合によっては最低1Hzまで下げるなど、シーンに合わせて柔軟にリフレッシュレートをコントロールすることで、快適な操作感と省電力を両立可能だ。

常時表示に対応したApple Watch Series 5や、最大120Hzのリフレッシュレートに対応したGalaxy Note20 Ultra等には、既に同様の技術が用いられている。

報道によると、Appleは既にSamsung Displayに対してLTPO有機ELディスプレイを注文しているという。Samsung Displayは既存のApple向けの有機EL製造ラインをLTPO有機EL製造ラインへと更新し、Appleに対して同ディスプレイを独占供給する形になるとのことだ。

現時点では4種類のiPhone 13シリーズ全てにLTPO有機ELディスプレイが採用されるのではなく、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxといった上位モデルにのみ搭載されると噂されている

同様に、上位のiPhone 13シリーズはディスプレイ内蔵の指紋認証にも対応するとの報道も。LTPO有機ELディスプレイ + 画面内指紋認証は既にGalaxy Note20 Ultraで実現しているため、技術的にも十分に可能性はあるだろう。

iPhone 13シリーズは、例年通りであれば2021年秋頃に発表されるはずだ。

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました