【お得】楽天モバイルが「3カ月間無料キャンペーン」を開始

G-SHOCK初のWear OS搭載スマートウォッチ、G-SQUAD PRO「GSW-H1000」が5月15日発売

カシオ計算機は4月1日、同社の耐衝撃ウオッチG-SHOCKから、初のWear OS搭載スマートウォッチ「GSW-H1000」を発売することを発表した。

「GSW-H1000」は、G-SHOCKのなかでもスポーツラインとなるG-SQUAD PROに属するスマートウォッチ。発売日は2021年5月15日。

スポンサーリンク

G-SHOCK初のWear OS搭載スマートウォッチ「GSW-H1000」が登場

GSW-H1000

「GSW-H1000」は、G-SHOCKブランドで初めてWear OSを搭載したスマートウォッチ。Googleアシスタントはもちろん、メールや着信などの通知も確認できるほか、Google FitやGoogleマップといった定番のGoogleサービスも使用できる。

モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた1.2インチ(360×360ピクセル)の二層構造ディスプレイを採用。デジタル・アナログどちらの表示にも対応するので、シーンに応じた使い分けが可能だ。もちろんタッチパネルになっているので、スワイプ操作もできる。

G-SHOCKらしいタフネス設計も健在。独自の耐衝撃構造を採用しているほか、20気圧防水にも対応し、裏蓋にはチタンカーバイト処理で耐摩耗性を強化したチタンを採用することで耐食性にも優れている。

独自アプリの採用により、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトの計測が可能。方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載し、GPSにも対応するので正確な位置情報の取得ができる。走行ルートや距離、速度などを正確に計測し、幅広いスポーツをサポートできる。

スマートフォンアプリ「G-SHOCK MOVE」と連携すると、アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、「GSW-H1000」で取得したデータを細かく管理可能。アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成し、SNSでシェアできる新機能「センサーオーバーレイ」により、トレーニングのモチベーション向上も期待できる。

満充電にかかる時間は約3時間。通常使用の場合のバッテリー持続時間は約1.5日で、時計とセンサーのみを表示させるタイムピースモードの場合は約1ヶ月。

「GSW-H1000」は、2021年5月15日に発売される予定。カラーバリエーションは、ブラック×ブルー・ブルー・レッドの3色が用意される。価格は3色共通で、税込88,000円。

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました