【注目】楽天モバイル、MNPで15,000ポイント還元中

Galaxy Watch4は過去モデルの倍のストレージを搭載。プロセッサーも判明か

未発表の新型スマートウォッチ、Galaxy Watch4に関してまた新たな情報がリークされている。

サムスン関連の情報に詳しいメディアSamMobileが、Galaxy Watch4に搭載されるチップセットやストレージを独占情報として伝えている。

スポンサーリンク

Galaxy Watch4のストレージとプロセッサーが判明

Galaxy Watchシリーズは、初代から一貫してチップセットにExynos9110を採用してきた。スポーツタイプのGalaxy Watch Active2や、現行最新モデルのGalaxy Watch3でも、プロセッサーは変更されていない。

しかし、Galaxy Watch4シリーズでは、初めてプロセッサーがExynosW920に置き換えられるという。ExynosW920は、Exynos9110と比較して処理性能が約1.25倍グラフィックのパフォーマンスが約8.8倍向上しているという。

Galaxy Watch4シリーズには、Tizen OSではなくGoogle製のWear OS 3.0が搭載される。Google Playからさまざまなアプリをインストールし実行できるようになるが、パフォーマンスの向上はそういったアプリに対応する目的がありそうだ。

また、SamMobileによるとGalaxy Watch4は16GBのストレージを搭載するとのこと。Galaxy Watch3のストレージは8GBだったので、2倍の容量だ。

ストレージの増量に関しても、やはり豊富なアプリがインストールされることを見越しての対応と考えられる。特に、One UI Watchではスマートフォンにアプリをインストールすると対応のGalaxy Watch用アプリが自動でインストールされるようなので、ストレージには十分な余裕が必要なはずだ。

Galaxy Watch4は8月11日に発表され、8月27日に発売されると予想されている。外観や価格等、Galaxy Watch4に関してリークされた情報は以下の記事にまとめて掲載しているので、興味があればチェックしてみてほしい。

関連Galaxy Watch4のリーク情報・噂まとめ。発売日や回転ベゼル、Activeの存在など

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット、テニス、料理、スターウォーズなど。ペンギンも大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届け。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

お気軽にフォローしてください!
タイトルとURLをコピーしました