【注目】Shokzの新型骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」がクラウドファンディング実施中!

Xiaomi 11T / 11T Proの予約受付が開始。数量限定5000円オフ、11月5日発売

Xiaomi Japanは10月21日、新型のスマートフォン2機種「Xiaomi 11T」と「Xiaomi 11T Pro」を発表した。

「Xiaomi 11T」「Xiaomi 11T Pro」は、本日より公式サイトやAmazonにて予約受付が開始され、11月5日に発売される予定。価格は、「Xiaomi 11T」が税込54,800円~、「Xiaomi 11T Pro」が税込69,800円~。

スポンサーリンク

Xiaomi 11T / 11T Proの予約受付が開始

Xiaomi 11T Pro

「Xiaomi 11T」「Xiaomi 11T Pro」は、Xiaomiのハイスペックな新型Androidスマートフォン。名前からわかる通り、「Xiaomi 11T Pro」は上位モデルに位置付けられており、より強力なプロセッサーやカメラを搭載している。

画面サイズは両機種で共通しており、6.67インチの有機ELディスプレイを搭載。解像度は2400 x 1080、アスペクト比は20:9で、どちらも最大120hzのリフレッシュレートに対応している。タッチサンプリングレートは最大480Hzで、HDR10+もサポートしている。

また、「Xiaomi 11T Pro」のみP3ワイドカラーとDolby Visionにも対応。上位モデルらしく、より鮮やかで正確な色表現が可能だ。

リアカメラには、両機種とも1億800万画素+800万画素+500万画素のトリプルカメラを搭載。

 広角カメラ超広角カメラテレマクロカメラ
画素数1億800万画素800万画素500万画素
絞り値F1.75F2.2F2.4

カメラ機能には差が設けられており、AIナイトモードや6つの効果を適用できる長時間露光モードなどは、「Xiaomi 11T Pro」のみで利用可能。「Xiaomi 11T Pro」は、1080pで120・240・960fpsのスロットモーション撮影に対応しており、「Xiaomi 11T」は720pで120・240・960 fps 、1080pで120 fpsのスローモーション撮影が可能。

また、「Xiaomi 11T Pro」は最大8K / 30fpsの動画を撮影できる。

搭載されるプロセッサーは、「Xiaomi 11T Pro」がSnapdragon 888、「Xiaomi 11T」がMediaTek Dimensity 1200-Ultra。

メモリは8GBで共通しており、ストレージは128GBモデルが共通、「Xiaomi 11T Pro」のみ256GBモデルも用意される。

バッテリーはどちらも5000mAh。「Xiaomi 11T Pro」「Xiaomi 11T」はそれぞれ最大120Wと67Wの急速充電をサポートしており、各17分と36分でフルチャージが可能とのことだ。

また、国内版の「Xiaomi 11T Pro」にはFelicaチップも搭載。当然おサイフケータイが利用できる。

価格と発売日。先行予約特典も

「Xiaomi 11T」「Xiaomi 11T Pro」は、本日より公式サイトやAmazonにて予約受付が開始され、11月5日に発売される予定。価格は、「Xiaomi 11T」が税込54,800円~、「Xiaomi 11T Pro」が税込69,800円~。

また、Xiaomi 11Tは合計1,600台、Xiaomi 11T Proは 128GBモデルと256GBモデルの合計で1,300台を上限に、5,000円オフとなる先行予約特典も実施される。お得に購入できるチャンスは限られているので、ぜひお早めにチェックしてみてほしい。

Xiaomi 11T
シャオミ(Xiaomi)
¥54,800(2022/01/23 23:10時点)
Xiaomi 11T Pro
シャオミ(Xiaomi)
¥67,980(2022/01/23 23:10時点)

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました