【注目】Amazonブラックフライデーをお得に攻略しよう!

「Xperia PRO-I」の予約受付が開始。1型センサー・可変絞り・大型シャッターボタン搭載の「スマホ付きカメラ」が登場

ソニーは10月26日、オンラインで新製品発表イベントを実施し、新型のスマートフォン「Xperia PRO-I」を発表した。

「Xperia PRO-I」は、本日10月26日からソニーストアや家電量販店にて予約受付を開始し、12月15日に発売される予定。価格はオープンで、ソニーストアの予約価格は税込198,000円。

スポンサーリンク

1型センサー・可変絞り搭載の「Xperia PRO-I」の予約受付がスタート

「Xperia PRO-I」は、ソニーのXperiaシリーズ新型のスマートフォン。同社のコンパクトカメラ「RX100」シリーズやミラーレスカメラの「α」シリーズの技術が盛り込まれた、強力なカメラを搭載する。

カメラ構成

まず、イメージセンサーには「RX100 VII」に搭載されている1.0型イメージセンサーを、本機向けに最適化した「Exmor RS」を採用。多くの光を取り込める2.4μmのピクセルピッチにより、高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジ、美しいぼけ味など、圧倒的な描写力を実現しているという。

画像処理エンジンにはBIONZ X for mobileを採用。スマートフォンならではの高い処理能力により、最大10フレーム以上の画像を統合しノイズリダクションを行うなど、低照度やダイナミックレンジが広いシーンでの画質を向上できる。

なお、12bitでのRAW形式撮影に対応し、滑らかで豊かな色調まで再現可能とのことだ。

高速なオートフォーカス(AF)性能も特徴のひとつ。

撮像エリアの約90%をカバーする315点の像面位相差検出AFセンサーを搭載し、激しく動く被写体も高速かつ高精度に追従し撮影が可能。AIを活用した「リアルタイム瞳AF」や「リアルタイムトラッキング」、毎秒最大60回のAF/AE計算と最高20コマ/秒の高速連写などにも対応し、スマートフォンながら動体を高精度に追従して撮影を楽しめる。

また、「アンチディストーションシャッター」にも対応し、動きの速い被写体を撮影する際に起きやすいローリングシャッター現象も大幅に軽減できるとのことだ。

リアカメラは、35mm換算で焦点距離1216mm(F2.2)の超広角レンズ、24mm(F2.0/F4.0)の広角レンズ、50mm(F2.4)の標準レンズのトリプル構成。全てのカメラにT*(ティースター)コーティングが施されたZEISSレンズを採用し、フレアやゴーストを抑えたクリアな描写を実現した。

広角カメラはF2.0/F4.0の可変絞りに対応。ソフトウェアに頼らない大型センサーならではの自然なぼけ味から、解像感のある細部の再現まで自由にコントロールできる。

なお、広角カメラには新開発されたZEISS Tessarレンズを搭載し、より歪みの少ない、高解像かつ高コントラストな表現を可能とした。

撮影機能

ソニーのミラーレス一眼カメラαの使い勝手を踏襲した「プログラムオート(P)」などのモードやUIを搭載し、αに近い本格的な撮影体験を実現。一般的なスマートフォンカメラの操作感に近づけられる「ベーシック」モードも用意される。

新たな動画撮影機能として、「Videography Pro」を搭載。撮影環境に応じて、フォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定変更を素早く直観的に調節できるため、報道からVlogまでさまざまな用途で活用できるという。

光学式手ブレ補正を強化した「FlawlessEye対応のハイブリッド手ブレ補正」も搭載。シャッタースピードが伸びてブレやすい暗所での動画撮影時も、より手ブレを抑えた撮影が可能だ。また、動画撮影時にも「瞳AF/オブジェクトトラッキング」を利用できる。

発表時点で世界初の4K 120fpsのハイフレームレート撮影もサポート。これにより、動きの速いシーンでも滑らかな4K / 120fps再生の映像や、高品位な画質で最大5倍の4Kスローモーション映像など、自由度の高い作品作りが可能となった。

スマートフォンとしての基本スペックとアクセサリー

「Xperia PRO-I」は、6.5インチ4K(3840×1644ピクセル) HDR対応有機ELディスプレイを搭載。忠実な色再現が可能な「クリエイターモード」も搭載し、写真や動画の確認、映像制作などを正確な表示で行える。

なお、リフレッシュレートは最大120Hzに対応している。

プロセッサーは、Snapdragon 888 5G。12GBのメモリと512GBのストレージを搭載し、最大1TBのmicroSDカードを挿入してストレージの拡張もできる。バッテリー容量は4500mAh。最短30分で約50%まで回復できる急速充電やXperia独自の充電最適化技術「いたわり充電」に対応した。

本体側面にはシャッターボタンも搭載。RX100シリーズで使用されているスイッチ部品が用いられており、半押しでのAF操作も本格的なカメラさながらの使い心地を実現している。また、画面消灯時でもシャッターボタンを長押しすれば「Photography Pro」を素早く起動し撮影可能だ。

また、ストラップホールも搭載されている。

純正Vlogger向けアクセサリーとして、アスペクト比16:9の3.5インチ液晶ディスプレイと金属性のホルダーが組み合わされた「Vlog Monitor」が用意される。

「Vlog Monitor」を「Xperia PRO-I」背面に装着し、同梱の接続ケーブルでスマートフォンと繋ぐことで、モニター越しに映像を確認しながら1.0型イメージセンサー搭載の高画質なメインカメラで簡単に自撮り撮影ができる。

価格と発売日

「Xperia PRO-I」は、本日10月26日からソニーストアや家電量販店にて予約受付を開始し、12月15日に発売される予定。価格はオープンで、ソニーストアの予約価格は税込198,000円。

[source sony]

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました