BREAKING

Galaxy Watch5シリーズがFCCを通過。モデルはSM-R900/910/920の最低3種類

サムスンの未発表スマートウォッチGalaxy Watch5(仮称)シリーズが、米国の連邦通信委員会、通称FCCの認証を通過していることが判明した。

スポンサーリンク

Galaxy Watch5シリーズがFCCを通過

Photo by FCC

FCCの認証を通過したのは、SM-R900・SM-R910・SM-R920の3種類。FCC IDは、それぞれA3LSMR900・A3LSMR910・A3LSMR920となっている。

各型番と開発コードネーム、FCC IDの対応は以前のリークを基にすると以下の通りだ。

コードネーム型番FCC ID特徴
Heart-SSM-R900A3LSMR900小型のGalaxy Watch5(40~42mm)
Heart-LSM-R910A3LSMR910大型のGalaxy Watch5(44~46mm)
Heart-ProSM-R920A3LSMR920上位モデル?1サイズのみ

また、FCCにはGalaxy Watch5に付属すると思われる純正の充電器(型番EP-OR900)も掲載されている。外観はハッキリとしないものの従来同様のスタイルになると予想されており、10Wのワイヤレス充電に対応すると見られている。

FCCの掲載から得られるGalaxy Watch5の目新しい情報は、残念ながら少ない。上記画像のようなスクリーンショット以外には画像もないので、外観・デザイン、特に回転ベゼルに関するリークは続報を待つ必要がありそうだ。

Galaxy Watch5シリーズは、例年通りであれば2022年の8~9月頃に発表されるはずだ。現時点で判明しているリーク情報は本記事の内容も含めて以下の記事にまとめてある。ぜひ、合わせてチェックしてみてほしい。

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。