【お知らせ】Pixel 3aのレビュー動画を公開しました!

HUAWEIから新SIMフリースマホHUAWEI P10/P10 PLUS、P10 liteが登場

ファーウェイ・ジャパンは6/6に製品発表会を開催し、新たにSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10/P10 Plus」「HUAWEI P10 lite」を発表しました。

スポンサーリンク

HUAWEI P10/P10 Plus

HUAWEI P10/P10 PlusはP9からの特長であるライカレンズを共に搭載したハイエンドスマートフォン。両者に共通するスペックはプロセッサーにKirin 960、RAM4GB、ROM64GB、OSにAndroid 7.0を搭載しHUAWEI独自のEMUIも最新の5.1、DSDS、3波のキャリアアグリケーションにも対応とネットワーク面も充実。

この2モデルの差はP10 Plusは5.5型2560×1440ドットのディスプレイなのに対しP10は5.1型1920×1080ドット。バッテリーは筐体がP10 PLUSが大きい分容量も多く3750mAhと3200mAhとなっていて、どちらも独自の高速充電が可能。

注目のカメラ機能ですが1,200万画素RGBセンサーと2,000万画素モノクロセンサー、800万画素のインカメラにもライカレンズを搭載していることは共通ですが、P10 Plusはレンズのグレードが「SUMMILUX」になり1ランクアップ、F値も1.8と従来のF値2.2よりもさらに明るくなっています。P10のレンズはP9やMate 9と同じ「SUMMARIT」なので、カメラを重視するという場合は迷わずにP10 Plusということになりそうです。

カラバリはP10 Plusがグリーナリーとダズリングゴールド、P10がダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック。特にP10 Plusのグリーナリーは珍しい緑のスマホということで要チェックです。

一方で個人的に気になったのはデザイン面。

これはP10 PLUSのグリーナリの正面ですが、今回から指紋センサーが正面に配置されるようになったこと、前面が白いことなどからiPhoneぽさが増してしまったように感じます。これは決してiPhoneが悪いというわけではなく、ただ「iPhone風」になるとどうにも途端に安っぽく見えてしまうという個人的な印象なのですが少し気になりました。もともとHUAWEIはEMUIなどからもiPhoneを強く意識していることが伺えますが、個人的にはもっと独自の方向に行って欲しいなと思っています。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 liteはHUAWEIの人気モデルP9 liteの後継機に位置づけられるある意味主力と言ってもいいモデル。CPUがオクタコアKirin 658、RAMが3GB、ROMが32GB、3000mAhバッテリーと一般ユーザーには十分なスペック。ダブルレンズカメラではありませんが、ポートレートモードなど上位モデルに新たに搭載された撮影モードにも対応。尖った特長こそないもののとりあえず何でもできる器用なスマホといった印象です。liteシリーズだけあって価格は税抜き2万9980円と3万円を超えないギリギリのラインをキープしており、コスパの良さが光るモデルとなりそうです。カラバリはサファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラックの4色で、サファイアブルーは私も結構惹かれていますし、人気が出そうな美しさですね

P10 liteをチェック


フラッグシップ的な位置づけとなるP10 /P10 PLUSと普及モデルといったところのP10 lite。Mate9のカメラに非常に満足している私にとっては「SUMMARIT」から「SUMMILUX」へのグレードアップがどれ程のものなのか、自分で試してみたい気持ちももちろんありますが、やはりデザインがあまり好みではないという部分でブレーキがかかってしまいます。その点ではP10 liteの方が気になるモデルに感じました。

また、かねてから噂されていたFelica搭載、おサイフケータイ対応は今回のP10シリーズではありませんでしたね。NuAns Neo Reloaded予約した私はある意味ほっとました。