LINEポイントで公共料金が支払える「LINE Pay 請求書支払い」が提供開始

3/6にLINEは、メッセージアプリLINE内で独自に提供している電子決済サービスLINE Payにおいて公共料金の支払いなどが行える新サービスLINE Pay 請求書支払い」を開始しました。

スポンサーリンク

LINE Pay 請求書支払い

LINE Pay 請求書支払いの利用には、当然ながらLINE Payアカウントの開設は必須。事前に口座引き落としやコンビニ払い、最近追加されたセブンイレブンのATMなどを利用して残高をチャージしておく必要があります。LINEアプリ内のLINE Payから「請求書支払い」をタップするとバーコードリーダーが立ち上がるので、請求書のバーコードをそのまま読み込みパスワードを入力することで支払いが完了するとのこと。

現在は東京電力エナジーパートナー株式会社の請求書のみに対応しており、4月から株式会社電算システム、5月以降はSMBCファイナンスサービス株式会社、三菱UFJファクター株式会社の請求書に対応することが明らかになっています。

LINE Payは「LINE Pay 請求書支払い」について、「お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにする」とコメントしており、初期からのLINE Payユーザーとしてもまさに納得できるサービスの拡充ぶり。この勢いで対応企業が増加すれば生活が便利になることは間違いないですし、ぜひ応援していきたいサービスですね。