デュアルカメラ搭載のBlackBerry KEY2発表!価格は7万9800円から

コアなファンが多い物理キーボード搭載のスマートフォン、BlackBerryシリーズの最新モデルBlackBerry KEY2が正式に発表されました。シルバーとブラックの2モデルが発表され、カラバリによってスペックがわずかに異なるようです。

スポンサーリンク

流行と伝統を兼ね備えたBlackBerry KEY2

このたび正式に発表されたBlackBerry KEY2の主なスペックは以下の通り。

  • OS : Android 8.1 Oreo 
  • Soc : Qualcomm Snapdragon 660
  • ディスプレイ : 1620 x 1080(4.5インチ)
  • メモリ : 6GB
  • ストレージ : 64GB(シルバー)、128GB(ブラック)
  • リアカメラ : f2.0 1200万画素+1300万画素
  • バッテリー : 3500mAh

最新のAndroid 8.1搭載という部分以外は無難なミドルクラスといったところですが、もはや当たり前になりつつある6GBの潤沢なメモリのおかげで基本動作は難なくこなせると思われます。BlackBerry KEY2についてはスペックがどうこうというのはあまり重要ではない気もしますが。

先代のBlackBerry KEYoneと比較してわかりやすい進化ポイントは主に3つ。まずは真っ先に見てわかるように最初からシルバーのカラーバリエーションが追加されたこと。そしてカメラがデュアルレンズ仕様になったこと。さらにキーボードに「スピードキー」が追加されたことです。現在のスマートフォン市場においてはエントリーからミドルクラスであっても2眼搭載は珍しくないので、この点はBlackBerry KEY2が一歩遅れて流行に足並みを揃えたといったところ。BlackBerryというともともとSNS映えするような写真を撮りたがるユーザーとはあまり縁のなさそうなイメージではありますが、Samsung製のイメージセンサーを使用し背景ボケを作り出せるポートレートモードまで搭載しているなど割と力は入っている印象。スマホカメラに求められるクオリティがどんどんと高まっていく中で、周囲を見渡しても見劣りしないレベルの機能を提供してくれるのは素直に歓迎できますね。

「スピードキー」とはどうやら最下段右端のキーのことファンクションキー的な存在。これまでBlackBerry KEYoneではホーム画面時限定で各キーをショートカットキーとしてアプリ起動などに割り当てることができていましたが、今回BlackBerry KEY2では「スピードキー」が導入されたことにより、アプリ起動時にもスピードキーと各キーを同時押しすることでショートカットキーとして動作させることができるようです。

また、キーボードは従来通りスワイプでのスクロールやカーソル、バックスペースとして活用でき、スペースキーには指紋認証センサーを搭載。それでいて更に入力のしやすさを求めキーが約20%拡大されています。さらに、BlackBerry KEYoneにおける致命的な弱点であったせっかく物理キーボードがあるのに日本語入力に最適化されていない、という本末転倒な部分を、バイドゥのSimejiをBlackBerry KEY2のキーボードに最適化した状態で実装することによりしっかりと克服してきています。セキュリティに対する意識の高さがウリの1つでもあるBlackBerryにSimejiが組み込まれているというのも不思議な感覚ではありますし、賛否両論の意見があるのもよくわかりますが、とにかく普通に日本語入力が行えるというだけで十分に価値がある取り組みだと私は思っています。

BlackBerry KEY2の価格はシルバーモデルが税込79,800円、ブラックモデルが税込み89,800円。発売時期は未定ですが、恐らく7月中くらいには販売開始になるのではないかと予想しています。前作から着実にランクアップしており、トレンドを取り込みつつもアイデンティティであるキーボードがブラッシュアップされたかなり気になるモデルです。

BlackBerry|2018 KEY2 SPECIAL SITE FOX.INC JAPAN.