SONY、Xperia XA2 Plusを正式発表!6GBRAM、18:9ディスプレイ搭載のミドルレンジモデル

SONYからミドルレンジのXperia「Xperia XA2 Plus」が正式に発表されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xperia XA2 Plus

Xperia XA2 PlusはXperia XA2の後継機種にあたり、XAシリーズとしては初のアスペクト比18:9縦長ディスプレイを搭載しています。主なスペックは以下の通り。

  • OS : Android 8.0
  • プロセッサ : Snapdragon 630
  • RAM : 4GB / 6GB
  • ストレージ : 32GB/64GB
  • ディスプレイ : 6インチ フルHD+
  • カメラ : 2300万画素 1/2.3センサー Exmor RS F2.0
  • バッテリー : 3,580mAh
  • 充電 : Quick Charge 3.0, USB PD対応

XA2と比較するとプロセッサはSnapdragon 630のまま据え置きですが、メモリとストレージが6GB / 64GBの選択肢が増えたことにより動作に余裕が生まれています。カメラについては特段進化している箇所は見られず、F値や画素数もそのまま。4K撮影も可能ですが、プロセッサを据え置きにしている以上ヘビーな使い方にはあまり期待しない方がいいかもしれません。この時代の新モデルのメインカメラがシングルレンズであることは周囲と比べると遅れをとっている感じは否めませんが、Xperiaシリーズは最近になってやっとフラッグシップモデルにおいてダブルレンズを搭載してきたので、ミドルレンジモデルに先にそのポジションを任せてしまうのことはできないのでしょう。

XA2 PlusはこれまでのXperiaにも採用されてきた手にフィットしやすいループサーフェイスデザインを踏襲しつつ、背面素材がアルミに変更されたことでより美しさを増しています。また、サイドの電源ボタンのデザインはXperia Z4以前の形状に回帰。Z5以降のXperiaは電源ボタンに指紋センサーが統合されていましたが、XA2 Plusは背面に指紋センサーが搭載されていることを考慮すると自然な流れと言えます。個人的には指紋センサー一体型の電源ボタンが好みだったので寂しい気持ちもありますけどね。

左右のベゼルはギリギリまで追い込まれており、さらに18:9の縦長なサイズ感により相対的に上下のベゼルも狭くなったようにも感じます。6インチの大画面でありながら横幅が75mmに抑えられていることも縦長デザインによる大きな恩恵でしょう。

カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、ブラック、グリーンの4色展開。これまでのXAシリーズ同様日本での発売はまず間違いなく無いとは思いますが、手を出しやすい価格とそれなりなスペックにしっかりとしたデザインを併せ持ったこのシリーズは、SIMフリーでの販売に向いていると個人的には思っているのでわずかに期待はしています。エクスパンシス等のECサイトでは取り扱われると思いますので、個人輸入に抵抗がなければ入手自体は容易なはずです。

実は現在販売されているXperiaのなかでは最も画面サイズが大きいモデルなりますので、そういった需要ももしかしたらあるかもしれません。

プレスリリースはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする