MacBookのパームレストでiPhoneをワイヤレス充電できるようになるかも

これまでイマイチ影が薄い印象だったワイヤレス充電ですが、iPhone8以降にQi規格のワイヤレス充電機能が搭載されたことでこれまでになく注目を浴びたかと思います。この度Appleが新しく取得したワイヤレス充電に関する特許がちょっと興味深いものでしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

MacBookでiPhoneをワイヤレス充電

AppleInsiderによると、特許から判明したこちらの画像の通り、AppleはMacBookのトラックパッド直下とその両サイドのパームレスト部分にコイルを配置し、いずれかにiPhoneまたはApple Watchを置くだけで充電できるような仕組みを考えていることになります。

このアイディア自体は何となく考えていた人も多そうですが、実際に実装してみるとなるとなかなか難しそうではあります。そもそも削り出しのアルミボディが特徴のMacBookにおいてどのように電力を伝えるのかも私には思い浮かびませんし、もしこれを実現するのであればMacBookがアイデンティティとも言えるアルミボディを捨て去る可能性すら見えてきます。さらに言ってしまうとどの位置にiPhoneを置いたとしても充電中はiPhoneが邪魔でまともにMacBookを操作できないと思いますので、実用性としても若干疑問は残ります。しかしMacBook Proなどパワーのあるマシンの場合、自宅でモニターやマウス、キーボードにに接続してデスクトップライクに活用しているシーンも多くあり、そういった場合であれば省スペースで充電ができそうですね。

また、ワイヤレス充電までも独自規格化しない限り、この機能を搭載したMacBookでは当然他のワイヤレス充電対応機器も充電できることになると思いますので、そういった意味ではちょっと魅力的。今のところまだただの特許であり、この機能が実現されるかどうかは未知数ですが、もし実現されれば良くも悪くも話題になることは間違いなさそうです。