HUAWEIがIFAにてKirin 980を発表の噂。Mate20 proはおあずけかも

8月は前半にサムスンの発表イベントが控えておりまず注目はそちらに向くかと思われますが、月末から始まるIFAも見逃せません。HUAWEIはこのIFAにおいて次期フラッグシップのMate20 Proに搭載される見込みのSoC Kirin 980を発表するのではないかと期待されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kirin 980

Kirin 980はこれまでにリークされてきたベンチマーク結果などを見るにQualcommのSnapdragon 845を凌駕するパワーを持っています。台湾TSMCにより最新の7nmプロセス技術で製造されるKirin 980は、GPUに自社開発のプロセッサー、さらにAI専用プロセッサーのNPUを採用します。

また、現行のKirin 970搭載端末においてもアップデートによりパフォーマンスを大幅に引き上げると同時にバッテリー消費を抑えるという離れ業とも言えるGPUターボが適用される見込みで、これらの技術がさらにブラッシュアップされてKirin 980へと繋がると考えると非常に期待ができるSoCになりそうです。

これまでKirinシリーズというとSnapdragonの1歩後ろをついていくイメージで、HiSiliconによる独占提供に伴う低価格が何よりの特徴とも言えました。しかしKirin 980が噂通りの仕上がりだとするとこれまでのイメージを完全に覆し、Snapdragonの牙城をついに崩すこととなりそうです。KirinはGPUが・・・といった認識を改める時が来たのかもしれません。

Kirin 980は大方の予想通りIFAにて発表される見通し。最初の搭載機はこれまでの流れから Mate 20/Mate 20 Proになると思われますが、IFAでの発表時間では最新SoCとフラッグシップ端末の両方は収まりそうにないのでKirin 980のみ、もしくはKirin 980 + 廉価モデルの発表ではないかと個人的には思っています。いずれにせよKirin 980は発表されると思いますので、期待して待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする