【7月3日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

折り畳みスマホ競争、中国勢は価格で勝負か。サムスン製はライバル機の2倍?

サムスンは長年にわたって折り畳みスマートフォンの開発を進めており、毎年のようにそろそろ発表では?との噂が流れていました。そしてついに2019年にGalaxy X(Galaxy Fとの噂も)として発表されるという説が濃厚になってきましたが、そうこうしているうちにスマートフォン市場は中国勢が猛烈に追い上げを見せており、この折り畳みスマートフォンというニッチな分野においてもこのまま中国勢がかっさらっていきそうな勢いがあります。

スポンサーリンク

“世界初”の争奪戦に

以前お伝えしたように中国の大手ブランドXiaomiとOppoも折り畳みスマートフォンの開発を進めており、2019年には多くのメーカーから形は違えど似通ったコンセプトのデバイスが投入されるかと思います。

Phoen Arenaによるとこの折り畳みスマートフォンにはフレキシブルなディスプレイが必須ですが、この分野はサムスンが独自に開発を進めているほか、同じく韓国のLGも供給できるとのこと。しかし中国は独自にディスプレイメーカーを持ち、こちらもやはり折り畳み可能なディスプレイを生産しているとのことで、中国メーカーは主にこちらのパネルを使うことになるでしょう。

Xiaomi、HUAWEIの2ブランドに関しては折り畳みスマートフォンの早い段階での市場投入の可能性があることを既に報じられていました。長年開発を進め、節目の年にマンネリ打破の意味も込めてGalaxy Xを発表しようとしているサムスンにとっては世界初の折り畳み可能スマートフォン、という肩書をそう簡単には渡したくはないでしょうから、どうなるのか興味がそそられるところではあります。

また、HUAWEIは別としてXiaomiやOppoの折り畳みスマートフォンは価格の面でもサムスンを脅かそうとしているようで、サムスンのGalaxy Xは約1800ドル程にまでなると言われていますがXiaomiやOppoはその半額近い価格、つまりこれまでのフラッグシップとそう変わらない価格での市場投入を目論んでいるとのことで、サムスンにとっては気になるところでしょう。

折り畳み型のスマートフォンの開発は、需要よりも製品そのもののインパクトや技術力の高さなどイメージの部分で非常に効果的なものだと思います。まだどこからも発表すらされていない段階にもかかわらず、既に水面下では勝負が始まっているようで目が離せませんね。

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました