ASUSの変態ゲーミングスマホROG Phoneの価格は約10万円?日本での発売も期待できそう

ASUSが6月頭に発表したゲーミングスマートフォンROG Phoneの海外のキャリアにおける価格が判明していました。機能と同じくらい突き抜けた価格かと思っていたのですが、意外と安かったというのが個人的な感想です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ROG Phoneの価格は約10万円。日本国内投入も

rog phone price

フィンランドのキャリアTeliaにおいてROG Phoneのプレオーダーを既に受け付けていることが判明しました。Teliaのウェブサイトによるとその価格は999ユーロ、日本円では約13万円ですが、フィンランドでは24%の付加価値税が内税として金額に含まれた状態で表示されているので、これを差し引くとROG Phoneは約10万円ということになります。さらに予約注文した場合には2万円程度のヘッドセットが付属してくることを考慮すると、そこまで高くないと感じてしまうのは感覚がマヒしているのでしょうか。

ROG Phoneの日本国内投入に関しては、ASUS JAPANの公式YouTubeチャンネルにて、FujiさんとActorさんというASUS JAPANの社員の方がROGのプレスイベントに行き、「どのモデルが日本に来るのか」「日本のユーザーが求めているのは最上位モデル」といった話をしている動画を投稿していることから期待していい状況かと思います。

これまでのASUS JAPANの傾向を見るに国内価格は海外より高くなることは確実ではありますが、徐々にその差も小さくなってきているのでここは頑張ってほしいところではありますね。

これまでゲーミングスマートフォンというジャンルは、数は多くありませんでしたが確かに存在していました。しかしROG Phoneはこれまでのゲーミングスマートフォンを真正面から蹴散らすことができるほどゲーミングに完全特化しており、誰もがやりすぎだと思うくらいの出来映えで一気に話題になりました。ASUSが時折見せるこの本気の変態っぷりは私も大好きなので、ROG Phoneの日本国内投入はぜひ期待したいですね。