Galaxy Watch正式発表。2サイズ展開、数日駆動可能なバッテリー、ストレスマネージメント機能などが搭載

日本時間8月10日 0:00より開催されていたGalaxy Unpacked 2018にて、スマートウォッチの新モデルGalaxy Watchが発表されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Galaxy Watch発表内容

事前リーク通り42mmと46mmのケースサイズの2種類の展開となりました。6万種類のウォッチフェイスが用意されるとのこと。

防水性能をアピール。しかし特段の目新しさはありませんね。

Galaxy WatchはGear S3同様LTE通信機能を備えます。しかしこれまでの日本での展開を考えても日本ではWi-Fiモデルのみと考えていた方がよさそうです。

これといった目新しい機能がない中、興味を引いたのがストレスマネージメントという機能。心拍数を計測することでその大きな変化を察知し、ユーザーに落ち着くことを促すような内容になっていました。

睡眠の記録やトレーニングの監視などはこれまで通り利用可能なほか、「Ultimate Personal Trainer」といって最大6つまでのエクササイズを自動的に認識し、サポートしてくれる機能が搭載されているようです。

同日に発表されたGalaxy Note9と同時にワイヤレス充電ができるWireless Charger Duoも発表されました。

今回開催されたUnpacked 2018はGalaxy Watchに限らずGalaxy Note9やGalaxy Homeも含めて非常にあっさりとした紹介に留まっています。OSやバッテリーなどの気になるスペックは公式ウェブサイトにて確認可能で以下の通り。

   46mm 42mm
OS Tizen Based Wearable OS 4.0

プロセッサ

Exynos 9110 デュアルコア 1.15GHz
メモリ  LTEモデル: 1.5GB
Wi-Fiモデル: 768MB
ストレージ  4 GB
ディスプレイ 1.3” (33mm), 
Circular Super AMOLED (360 x 360)
Full Color Always On Display
Corning Gorilla DX+
1.2” (30mm), 
Circular Super AMOLED (360 x 360)
Full Color Always On Display
Corning Gorilla DX+
 バッテリー 472mAh  270mAh
サイズ 46 x 49 x 13mm 41.9 x 45.7 x 12.7mm
重量 63g  49g
ストラップ 22 mm 20 mm
カラバリ シルバー ローズゴールド、ミッドナイトブラック

Galaxy Watchのリリース日は米国では8月24日に設定されており、Galaxy Note 9と並行して発売される予定です。 韓国市場では8月31日に発売され、その他の市場は9月14日、といったように続くとのこと。日本での展開もぜひとも期待したいです。

8/10のUnpackedにて正式に発表されたサムスンのスマートウォッチGalaxy Watchは、事前情報通り42mmと46mmの2サイズ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする