HUAWEI、Note9発表のタイミングで「真のアップグレードを提供する」と発言

先日サムスンの新製品発表会Unpacked 2018が開催され、Galaxy Note9Galaxy Watch、Galaxy Homeが正式発表されました。Appleを抜き世界2位のシェアとなったHUAWEIもその様子には注目していたようですが、内容にはあまり満足できなかったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HUAWEI公式Twitterアカウントの発言がこちら。ざっくり意味を考えると、”我々が発表したP20 Pro、40MPのトリプルレンズカメラや5倍ズームなどは大きな飛躍だった。これらは日々を変える真のアップグレードだ”といったところでしょうか。一緒に投稿している画像にもreal generation upgradeと記されており、明確にサムスンやGalaxyの名前は出していないもののタイミング的に少なからず意識はしていると思われます。さらにツイートの最後は”Imagine what will come next…”で占められており、HUAWEIの次期モデル、順当にいけばMate 20 Proになるかと思われますが、そこでの大きな進化を期待させる内容になっています。

Galaxy Note9、Galaxy Watchの発表は確かにあっさりとした内容で、味気なさを感じたのも事実。Mate 20 ProはMate 10 ProやP20 Proよりも多い4000mAh以上の大容量バッテリーを搭載することがほぼ確定していますが、これをトリプルレンズや5倍ズームと並べて”真のアップグレード”と呼ぶには少々インパクトに欠ける気もします。まだまだ不明な点が多いMate 20 Proですので、HUAWEIの今回の発言を信じ明確に進化を感じられるような端末を期待しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする