【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

3モデル展開のGalaxy S10シリーズ、最上位モデルのみ計5基のレンズを搭載との噂

以前からサムスンの次期フラッグシップGalaxy S10シリーズは3モデル構成になると言われています。それに加え、広角・望遠・超広角のレンズを持つトリプルカメラが搭載されることも有力視されていますが、3モデルの内最上位のモデルのみリアにトリプルカメラ、フロントにデュアルカメラの合計5基が搭載されると伝えられています。

スポンサーリンク

グレードごとにレンズの数が増えていく

9月13日、Galaxy S10シリーズの最上位モデルはリアに3基、フロントに2基の合計5基のカメラを搭載する計画である、とETNewsが伝えています。さらに、最上位である超プレミアムモデルの他、中間にあたるプレミアムモデルはリアにトリプルカメラ、フロントにシングルカメラ、一般モデルにはGalaxy S9シリーズ同様リアにデュアルカメラ、フロントにシングルカメラという構成になるとのこと。背面デュアル、前面シングルを基準に、端末のグレードごとにレンズの数が1基ずつ増えていく形になるようです。

これまでGalaxy SシリーズはSとS+の2モデルで展開されてきており、3モデル展開となるのはS10が初。さらにトリプルカメラの搭載もGalaxyでは初なので、S10シリーズは初物が多い注目機種となりそうです。

偶然か意図したものかは不明ですが、先日発表されたばかりのiPhoneの新モデルもこれまでと比べてラインナップが拡充されており、手を出しやすい廉価モデルが充実したのはGalaxy S10の計画と同様。今後はミドルレンジにも注力していくとの発言がサムスンからありましたが、それは新しくミドルレンジの製品ラインを追加していくとの意味だけではなく、こういった既存のブランドに廉価モデルを追加し選択肢を増やしていく方針であると捉えることもできます。しかし、先進的な機能をハイエンドだけでなくミドルレンジにも、という意味でのミドルレンジへの注力のはずでしたので、今回の下位モデルがこれまで同様のリアにデュアルカメラ、フロントにシングルカメラという構成になるという情報ではちょっと辻褄が合わない部分があるかもしれません。

いずれにせよGalaxy S10はまだまだ開発段階で、現時点での情報はあっさりと覆る可能性が十分にあるのも事実。ライバルHuaweiのP20 Proがカメラ性能で圧倒的な存在感を示している現状ではGalaxyも負けてはいられないとカメラの開発には積極的に新機能を取り入れてくるはず。トリプルカメラのGalaxy S10に期待ですね。