目が光る!Type-Cモデルのダンボーケーブルを頂きました

モバイルバッテリーやケーブルなどのモバイルアクセサリを主に販売しているcheeroが、先日Twitterにてプレゼントキャンペーンを行っていました。とりあえずな感じでリツイートしていたのですが、まさかの当選とのことでType-C – Type-Aモデルのダンボーケーブルを頂きました。

スポンサーリンク

眼光で通電状況がわかる

こちらが今回頂いたType-Cケーブルのダンボ―モデル。パッケージも段ボールです。

ケーブルを取り出したところ。人気コミック「よつばと!」内のキャラクターであるダンボ―が見事に再現されています。cheeroからはダンボーモデルのアクセサリがいくつも出ていますが、実は1つも持っていなかったのでいい機会になりました。

ケーブルはファブリック素材で絡みにくい仕様に。ダンボーの雰囲気ともマッチしていて悪くないですね。

このダンボ―ケーブルの特徴は接続時に目が光ること。ただの通電中には上のように赤色に、充電が開始されると下のように黄色に目の色が変化し、現在の通電状況を一目で把握することができます。見た目の愛らしさと機能性を両立した面白いギミックだと思います。

これまでもcheeroからは同様の目が光るギミックを持ったダンボーケーブルは販売されていましたが、micro-USBやLightning向けのみで、そこに今回Type-Cモデルが加わった形に。最近OPPOのR11sR15 Neoなどを購入しているため再びmicro-USBケーブルを使う頻度が増えてきてはいますが、これまで身の回りのガジェットをType-Cで統一しつつあったのでType-Cモデルの存在は非常に良いタイミングでした。このType-Cモデル、販売開始が9月6日とのことで、本当に最速で入手できたようで嬉しい限りです。

ケーブルとしてのスペックは、最大12Wの電力に対応し、 56kΩレジスタ搭載により電流の上限を設定、接続するデバイスへ設計以上の負荷がかかるのを防ぐとのこと。粗悪品が当たり前のように流通してるモバイルアクセサリ市場において安心して使えるというのは当たり前ですが、大事な部分ですね。cheeroのType-Cモデルのダンボーケーブルは50cmモデルと100cmモデルの2種類が販売されており、価格も安価。充電はもちろん、データ転送にも利用可能で普段使いにピッタリ。愛らしい見た目のわりに十分な実用性も兼ね備えた、持っていて楽しくなるアクセサリです。

Amazonでチェック