Huaweiの折り畳みスマートフォンは同社初の5G対応機種に

現在複数の大手スマートフォンメーカーが折り畳み式のディスプレイを備えたスマートフォンを開発中であると報告されています。そのメーカーの内の1つであるHuaweiの折り畳みスマートフォンは、Huaweiでは初の5Gに対応したモデルになるのではないかと言われているようです。

スポンサーリンク

折り畳みスマホが初の5Gに

現在折り畳みディスプレイを備えたスマートフォンを開発していると言われているのはサムスン、Xiaomi、OPPO、そしてHuawei。中でもHuaweiはこれまで今年の11月には折り畳みスマーフォンを市場に投入すると伝えられており、この分野で長らく話題を集めていたサムスンから”初の折り畳みスマホ”の名を奪うのではないかと考えられていました。

しかし今回の新たな情報によると、Huaweiの折り畳みスマホの発売は2019年6月になるとのこと。そしてこの折り畳みスマートフォンが、Huawei初の5G通信に対応したスマートフォンになるそうです。どちらかというと折り畳みスマートフォンの発売時期を5G対応に合わせているようで、5G通信への対応をゴールとして折り畳みスマートフォンをブラッシュアップさせデバイスとしての完成度を高めていく計画のようです。

この計画が本当だとするとホッとしているのは恐らくサムスン。上で述べたように”初の折り畳みスマホ”という話題性を直前のところでHuaweiに持っていかれるところでしたが、サムスンの折り畳みスマートフォンは既に今年11月には発表されることが確定していますので、横槍を入れられる心配がなくなった形になります。

今のところ、Huaweiの折り畳みスマートフォンに関する情報は非常に少なく、スペックやデザインなどはほとんど不明な状態。Huaweiならカメラ機能にもこだわってきそうですが、形状が形状だけにいったいどうなるのか、そもそも折り畳みにすることで一体どういった操作をすることを想定しているのかが見えてきていないため、そう簡単には予想もできません。非常に興味を惹かれることに間違いはないのですが、何度も言っているようにユーザーには特にメリットがない”ただ技術が凄いだけ”といった展開にはならないように願っています。

(via PhoneArena)