【8月30日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

完全ベゼルレススマホOPPO Find Xが日本発売決定。おサイフケータイや10GB RAMに期待

カメラモジュールをスライド機構を用いて隠すことでノッチがない真のベゼルレスを実現しているスマートフォン「OPPO Find X」の日本発売が決定しました。OPPO Japanの公式Twitterアカウントがティザー画像と共にアナウンスしています。

スポンサーリンク

おサイフケータイと10GB RAMに期待がかかる

OPPO FInd Xはグローバルでは既に発売されているOPPOのハイエンドモデル。ミドルハイクラスのRシリーズがOPPOの主力となってからしばらくの間動きがなかったハイエンドのFindブランドが、約4年越しの復活を果たした形になります。

特徴はなんと言ってもモーターによって自動でせり上がる格納式のカメラモジュール。より大画面化、ベゼルレス化していく現在、インカメラやセンサー類の場所を確保するための1つの答えとしてノッチが広まりつつありますが、Find Xはこのスライド機構を搭載することによりノッチの無い”真のベゼルレス”を実現しています。スペックもハイエンドモデルらしくSnapdragon 845に6GB or 8GBのメモリ、6.42インチ(1080 x 2340ドット)の有機ELディスプレイを搭載し、ハイブランドと渡り合える性能を有しています。洗練されたデザインとハイスペック、ユニークなスライドカメラなど見ていてとにかく楽しい端末です。

Find X日本投入に関しては、実はR15 Pro / R15 Neoの発表イベントにて、イベント終了後のメディア対応の中で投入を実質肯定するような発言を残していたことからほぼ確実視されていました。「今年中」との発言からもっと年末近くになってからかと思っていたため、こんなに早くの発表は嬉しい誤算です。もちろん発表のみで発売はもっと先、という可能性も十分に考えられますが。

中国の認証機関においてFind Xの10GB RAMモデルの存在が示唆されているという情報も話題になっています。実際に10GBのメモリが必要かどうかという話は別として、スライド機構によりもともと話題性に富んだ機種だけに10GB RAMモデルが発表されれば注目されることは間違いないです。

また、日本で発売するにあたって日本特有の需要、とりわけFelicaチップ搭載によるおサイフケータイへの対応は気になるところ。可能性としてはあまり高くはありませんが、R15 Proの日本モデルでは何のアナウンスもなくさも当たり前のようにおサイフケータイへ対応してしまったという実績もあるためどうしても期待してしまうとこではありますね。

Find Xの日本モデルは10月19日(金)に開催される製品発表会にて詳細が明らかになります。

ニュース
スポンサーリンク
ぜひシェアをお願いします!
お気軽にフォローしてください!
スポンサーリンク
プラスガジェット
YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました