FacebookからAlexa搭載のスマートディスプレイ Portal/Portal+ が登場。

10月8日、FacebookはAmazonAlexa搭載のスマートディスプレイ Portal/Portal+を発表しました。既に予約受付を開始しており、アメリカでは11月15日に配送予定のようです。

スポンサーリンク

Portal & Portal+

発表されたのは10.1型(1,200×800)ディスプレイのPortalと、15.6型(1,920×1,080)ディスプレイのPortal+の2モデル。フロントカメラの解像度はどちらもともに12メガピクセルとなっています。

Portal & Portal+はビデオ通話に特化したスマートディスプレイ。Facebookメッセンジャーを通じてビデオ通話が可能なので相手がPortal or Portal+を持っている必要はありません。「Hey Portal」と呼びかけることでビデオ通話を開始することもできるようです。また、ビデを通話中、人が画面内に収まるように自動で角度を調整してくれる機能や、人の声を認識しノイズと区別することで声だけにフォーカスを当て聞き取りやすくしてくれる機能が搭載されるようです。

また、Amazon Alexaを内蔵しているためビデオ通話以外にもスマートスピーカーとしての利用も可能。しかしAlexa features and functionality may differ slightly on Portal and Amazon devices.”との記載から、Amazon Echoシリーズで利用可能な一部の機能に関しては利用不可になっているようで、あくまでもFacebookメッセンジャーを通じてのビデオ通話がメインとなるデバイスとなっているようです。

FacebookはPortal/Portal+について、ビデオ通話の内容を見ることも聞くことも、もちろん保存もしていないことを強調しています。カメラやマイクはワンタッッチで無効にすることができるボタンが付いており、さらにカメラを物理的に覆うカバーまで用意されているようです。Facebookはここ最近、アカウント情報の流出や2段階認証のために提供された電話番号を広告に利用するなどプライバシーに関しての良くない報道が目立っているため、そういったイメージを払しょくするためのアピールかと思われますが、果たしてどこまで信用されるでしょうか。

Portalは199ドル、Portal+は349ドル、Portalの2台セットは298ドルで予約を受け付けています。日本国内での正式な展開に関しては特に発表されていないようです。

(source Facebook Portal)