Razer Phone 2正式発表。最高峰のスペックに光る背面ロゴ

Razerからゲーミングスマートフォンの最新モデルRazer Phone 2が正式に発表されました。基本的な仕様は初代Razer Phoneを踏襲しつつスペックが最新仕様に一新され、また、ゲーマーには嬉しい機能もいくつか追加されています。

スポンサーリンク

Razer Phone 2

Razer Phone 2は、5.7インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載し、初代同様に120Hz駆動を実現。HDRコンテンツに対応し、輝度も最大50%向上(380nitから580nit)しています。プロセッサはSnapdragon 845、8GB RAM、ストレージは64GB、4000mAhと大容量なバッテリーを搭載します。背面カメラは1200万画素のデュアルカメラで、光学手振れ補正を搭載した広角レンズと2倍の望遠カメラという組み合わせ。また、新たにQi規格のワイヤレス充電とIP67の防水・防じんにも対応し、ゲーマー向けモデルながらも可能な限りトレンドを逃さない仕様になっています。

フロントにはデュアルスピーカーを搭載し、最大音量も初代から向上したとのこと。

また、以前より噂されていたChroma対応に対応し、背面のRazerロゴがカラフルに光る仕様に。発光パターンはある程度自由にカスタマイズ可能なようで、アプリごとに通知LEDの代わりとしても利用可能だとか。ただし背面のロゴなので通知を知る手段としてはどこまで有用かは定かではありません。

ワイヤレス充電に対応したことから専用の充電スタンドの存在も明らかにされました。このスタンドももちろんゲーミング仕様となっていて、台座部分が光るようになっています。

Razer Phone 2はワイヤレス充電や防水防塵、デュアルカメラなどトレンドは抑えつつ、ゲームの操作性を考えた上でのノッチの非搭載、Chroma対応によるロゴの発光など通常のスマートフォンとしての活用シーンもある程度考慮されたバランスを意識した1台に仕上がっています。日本発売が間近に迫っているASUSのROG Phoneがゲーミング一直線な変態的仕様なのに対してRazer Phone 2はまだ電話という原型を留めている印象です。

Razer Phone 2は既に海外では予約を開始しており価格は799ドル。発売は近日中となっています。

(source Razer)