【2月12日】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

Xiaomi Mi Mix 3、暗所でポートレート撮影された作例、フロントカメラのスペック、ティザー動画などが公開

10月25日に正式発表されることが予告されているXiaomi Mi Mix 3について、ティザー動画やカメラ機能の詳細が明かされています。

スポンサーリンク

ティザー動画

全体で15秒という短い動画で、内容としてはMi Mix 3のスライドできるギミックそのものにフォーカスを当てたものに。OPPO Find Xとは違いスライドは手動となっており、”背面のカメラをスライドして飛び出させる”よりかは”本体をスライドさせて後ろに隠されているカメラにアクセスする”と言った方がしっくりくる操作感に思えます。また、動画を見る限りではスライドさせることでスリープ解除ができるようで、もしかするとそのままフロントカメラを利用した顔認証機能を利用できる、なんてこともあるのかもしれません。

フロントカメラは24MPのデュアルカメラ

そのフロントカメラについては、既に公開されているこちらの画像から2,400万画素のデュアルカメラになることが明かされています。デュアルカメラの両方が2,400万画素となるのか、片方だけなのかは判断できない状態ですが、2つのカメラを活かした背景ボケを作れるポートレート撮影やワイドアングルなど昨今のセルフィー需要に応えることができる機能に期待が高まります。

また、この画像を公開しているGizchinaによるとMi Mix 3はディスプレイ内蔵型の指紋センサーも採用しているとのこと。フルディスプレイが特徴的である前面は公開されていても背面のリークが少なかったMi Mix 3ですので、指紋センサーがどこにあるかはこれまでハッキリとしてませんでした。顔認証オンリーではなかなか不便なことも多いですので、まだ噂の域を出ませんがディスプレイ内蔵型の指紋センサーが搭載されるのであれば嬉しいですね。

暗所×ポートレートの作例

林斌氏がWeiboに投稿していたこちらの画像。左下のウォーターマークからMi Mix 3で撮影された作例に間違いなく、同じ構図で背景がもっとハッキリしている写真も投稿されていたことからこちらは背景ボケを作るポートレートモードの類で撮影されたものと思われます。光量の少ないシーンですが目立つブレやノイズは見られず、暗所撮影に対してのポテンシャルの高さが伺えます。またグラスの縁と背景の境界もハッキリと確認でき、流行のボケ撮影にも十分なクオリティが期待できます。Xiaomiのスマートフォンは性能は良くてもカメラが中華スマートフォンの域を抜け出せていない印象が強いですが、最近の端末ではしっかりと改善されてきており、今回の作例を見る限りではライバルたちとも張り合える、少なくとも一昔前のような比べるまでもなく惨敗、といったことはない仕上がりになっているかと思います。

Mi Mix 3は正式発表まで残り1週間を切っているためかここにきて情報が大量に溢れてきています。”2つの世界初”を実現すると期待されているだけに目が離せませんね。

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました