国内初のディスプレイ内蔵指紋センサーを搭載したOPPO R17 NeoがUQ Mobileから登場

UQ mobileの2018年秋冬モデルとして、OPPOのR17 Neoが発表されました。UQ mobileによる独占販売になるとのことですが、日本では初めてのディスプレイ指紋認証に対応、極小のノッチ、優れたコストパフォーマンスなど非常に注目を集めそうなスマートフォンです。

スポンサーリンク

OPPO R17 Neo

OPPO R17 Neoは中国では既に販売されている別モデル(おそらくOPPO K1)をベースにした端末と思われます。6.4インチ(2340 x 1080)の有機ELディスプレイ、RAM 4GB、ストレージ 128GB、3600mAhのバッテリー、SoCにはSnapdragon 660を採用しています。

ディスプレイはベゼルレス仕様になっており、ノッチはあるものの”大自然の雫から着想を得た”というティアドロップ型の極小サイズを採用することで違和感は少なく、画面占有率も91%を達成しています。さらに日本で販売されているスマートフォンでは初めて、ディスプレイに内蔵された指紋センサーを搭載。画面内の特定の箇所に触れることでロック解除ができます。

背面カメラは1600万画素+200万画素のデュアル仕様。食事や風景などのシーン認識、AIによって自然な背景ボケを生み出すポートレートモードなどはもちろん従来通り搭載しています。インカメラは2500万画素のシングルカメラですが、OPPO得意の美顔効果も健在です。

カラーはレッドとブルーの2色展開。どちらも流行のグラデーションカラーを採用しており、見る角度によって違う表情が楽しめます。また、ブルーはHuaweiのP20 Proの登場以来一定の地位を築いているトワイライトに近いカラーリングになっています。

防水やおサイフケータイ、ワンセグ / フルセグなど日本の独自仕様には非対応なものの、これだけの性能で価格は税込み3万8988円で、何としてでも3万円台に抑え込もうとしたかのような価格に。実際Snapdragon 660を採用しているOPPO R11sは今年2月の発売開始時で6万円を超え(現在は約4万円程度)、ASUSのZenFone 4も今でも4万円を超える値段がスタンダードであることを考えると相当頑張っている価格設定で、基本スペックやディスプレイ内蔵指紋センサー、質感やデザインなど総合的に見てコスパモデルとして売り出されたばかりのR15 Neoよりもよっぽどコストパフォーマンスに優れている非常に意欲的な端末に思えます。

R17 NeoはUQ mobileから11月下旬に発売される予定です。

UQ mobile

(source OPPO)