MicrosoftがEdgeをChromiumベースに変更することを正式発表。Mac版の提供も

Microsoftはこれまで、Internet Explolerに代わるWindows 10の基本ブラウザとして独自の「Edge HTML」を採用したブラウザ「Microsoft Edge」を提供してきました。しかしこの度Microsoftは「Microsoft Edge」をChromiumベースに変更すると正式に発表しました。

スポンサーリンク

Edge on Chromium

新たにChromiumをベースとして開発されるMicrosoftのブラウザは今のところはあくまでも「Microsoft Edge」という名前はそのまま。Web開発者にとってはGoogle Chromeや現在のOpera、VivaldiなどBlinkというレンダリングエンジンを採用しているChromiumベースのブラウザが揃ってきたことでより開発の効率が改善され、「Chromeでは思い通りな動作なのにEdgeでは・・・」といったストレスが減るため朗報でしょうか。多様性が失われるという観点では寂しさもありますし、最近はすっかりChrome一強になっていたいわゆる”ブラウザ論争”と呼ばれる議論もますます盛り上がりを見せることは少なくなるのかなと思います。

Chromiumをベースとした新生Edgeは前回の情報通り2019年に開発者向けプレビュー版が提供される予定で、Windows 10以外にもWindows 8、Windows 7といった過去のOS、そしてなんとMac OS版も提供されるとのこと。Web開発者にはMacユーザーも多いですし、やはり開発者にとっては見逃せない方向転換となりそうですね。

(source 9to5Google)