廉価版Pixel 3は2モデル展開。Pixel 3 LiteとPixel 3 Lite XLのレンダリング画像がリーク

このブログでも何度かお伝えしている廉価版のPixel 3の噂ですが、今回有名リーカーの@onLeaksによってCADベースのレンダリング画像が公開されています。これまでPixel 3 Liteと呼ばれていたこのPixel 3の廉価版ですが、今回の情報が正しければ廉価版の中でも2モデル展開となるようです。

スポンサーリンク

Pixel 3 Lite & Pixel 3 Lite XL

今回リークされていたレンダリング画像はPixel 3 Liteとやや大型のモデルとなるPixel 3 Lite XLの2モデル。Pixel 3 Liteは5.5インチ、Pixel 3 Lite XLは6インチとわずかな差です。デザインは既に販売されているPixel 3シリーズから変わりはなく、背面に指紋センサー、シングルカメラ、素材違いのツートンカラー。Pixel 3 XLのでぃっスプレイにはiPhoneライクな大型のノッチが採用されていますが、Pixel 3 Lite XLにはノッチは見られず、どちらのモデルも上下にはそこそこの太さのベゼルが確認できます。

また、別角度からの画像では上部に3.5mmイヤホンジャックらしきインターフェースも確認できます。バックパネルはポリカーボネート製で、Pixel 3 Lite / Lite XLのどちらもワイヤレス充電には非対応とのこと。イヤホンジャックの存在もありますし、廉価モデルでは”ワイヤレス”を制限しているのでしょうか。

スペックはプロセッサーにSnapdragon 670を採用し、4GB RAM、32GB / 64GBのストレージ、背面カメラは1200万画素、インカメラは800万画素。Pixel 3 Liteは2915 mAhのバッテリーを搭載するようです。

Pixel 3 Lite  XLではプロセッサーがSnapdragon 710に変更される可能性があると伝えられており、バッテリー容量も端末のサイズ分わずかにアップしているだろうとのこと。

以前紹介したロシアのブロガーが公開していたPixel 3 Liteの実機画像やスペックともほぼ一致しており、信憑性は高め。Pixel 3はGoogleのリファレンスモデルとしての役割もありますが、iPhoneと肩を並べるハイエンドモデルのためそう簡単には手が出せない人も多かったと思われるので、廉価モデルの存在は待ちに待った、といったところでしょう。Pixel 3も日本で発売されたことですし、Pixel 3 LiteとPixel 3 Lite XLの日本での展開にも期待したいですね。

(source 91mobiles)