廉価版Pixel 3「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」は2019年春頃に発売か

日本市場にも投入されたことで話題となったGoogle製のスマートフォンPixel 3シリーズ。その低価格モデルにあたる「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」は、既に実機の画像カメラの作例、大まかなスペックの概要などがリークされ、大きな注目を集めています。

この件に関して、Googleが「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」の2モデルを、2019年の春頃にも発売するのではないかとの噂が浮上しています。

スポンサーリンク

日本での発売にも期待

詳細は明かされていないものの、Google Pixelシリーズの計画に精通しているとされる情報源によると、Googleは2019年の春先にアメリカのトップ携帯電話事業者であるVerizonから低価格モデル2機種「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」を発売する計画があるとのことです。

これまでのリークから、「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」はプロセッサにSnapdragon 670を採用し、4GBのメモリ、32GBまたは64GBのストレージ、既に発売済みのPixel 3シリーズと同等の1200万画素のカメラを搭載することが判明しています。プロセッサについてはSnapdragon 710になるのでは?とも言われていますが、概ね上記のようなミドルハイクラスな仕様であることはほぼ確定で、特にPixel 3シリーズを強く印象付けているカメラの仕様がソフトウェアによるチューニングが主なためか上位モデルと同等の性能を有している点には注目。

レンダリング画像によると現行のPixel 3シリーズの背面がガラス製なのに対して「Pixel 3 Lite」と「Pixel 3 XL Lite」は背面の素材にポリカーボネートが採用され、ノッチがない代わりにベゼルレスでもなく今の時代ではやや野暮ったさが目立つデザインではありますが、イヤホンジャックが復活していたりと人によってはメリットとなる要素も見られます。

Pixel 3シリーズの販売価格は約10万円前後に設定されており、Googleのリファレンスモデルとして注目こそしていたものの価格の高さに手が出なかった人も多いはず。これに対して低価格モデルは日本円に換算して約5万円~6万円程度の価格設定。より手頃な価格でGoogleの最新技術を体感できるとなれば注目されることは間違いなく、上位モデルのPixel 3シリーズから引き続き日本での展開にも大いに期待したいところです。

(source Android Police)