Google Chromeのアドブロック機能が7月9日から全世界で提供開始

Googleは1月9日、 一部地域では既にリリース済みであったGoogle Chromeのアドブロック機能を7月9日より全世界で提供開始することをChromium Blogにて発表しました。

スポンサーリンク

邪魔にならない高品質な広告のみ配信されるように

Google Chromeがブロックする広告は「Better Ads Standards」に準拠していないと判断されるもののみで、上記の画像がその一例。デスクトップの場合は

  • ポップアップ広告
  • 音声付き自動再生動画広告
  • カウントダウン付き全画面広告
  • 追尾型広告

の4種類、モバイルデバイスの場合は

  • ポップアップ広告
  • 全画面広告
  • 音声付き自動再生動画広告
  • カウントダウン付き全画面広告
  • 画面の30%を覆う広告
  • 点滅するアニメーション広告
  • 追尾型広告
  • スクロール型全画面広告

の8種類が対象になっています。

ちなみに判断基準とされている「Better Ads Standards」は、ユーザー体験を改善するための基準として、米国の団体「Coalition for Better Ads」が定めたもの。これによるとモバイルの場合はデスクトップの場合と比較して物理的にディスプレイサイズの制約がある分、倍の数の広告スタイルがブロック対象とされていることがわかります。

Googleは自ら広告配信サービス「Google AdSense」を提供しています。最近はやや緩くはなってきているもののGoogle AdSenseの規約の厳しさは有名で、わずかでもユーザー体験を損なう可能性のある広告配置があるとすぐに警告が飛んできます。現状多くのウェブサイトがGoogle AdSenseを利用しているかと思いますので、その規約を遵守していればまずGoogle Chromeにブロックされることはないはず。現にGoogleが既に確認した何百万ものサイトのうち、実際に問題があったサイトは1%未満とのことです。

ウェブサイトの運営者は、自分が運営するサイトの広告についてサーチコンソール内の「広告に関する問題レポート」からGoogleが評価したステータスを確認可能。警告があった場合は30日以内に修正し再審査しなければ、サイト上にあるすべての広告がブロックされるとのことです。

日本のメディアや個人のブログ等を閲覧している分には、上でも触れたようにGoogle AdSenseの規約のおかげかそこまで目障りな広告はあまり多くはありません。そのためアドブロックのアドオン等は特に利用していなかったのですが、Chromeが自動でブロックしてくれるとなればただただありがたいですね。仕組みを見る限りむやみやたらに広告をブロックするわけでもなく、ユーザーにとってもサイト運営者にとっても悪くないサービスだと思います。

(source Chromium Blog)