【お知らせ】Xperia 10のレビュー動画を公開しました!

Android Qへのダークモード搭載がほぼ確定。時間による自動制御も可能に

Androidの次期バージョン「Android Q」最大の注目機能はダークモードへの対応。省電力性と目への負担軽減、クールなデザインなどのメリットから長い間Androidユーザーに熱望されていた機能であり、ダークモードはAndroid Qで搭載されるのでは?との噂レベルでのリーク情報はこれまでも囁かれていました。

今回XDA Developersは開発段階とされるAndroid QをPixel 3 XLにインストールし、ダークモードの存在を確認したと報告。これでAndroid Qでのダークモード搭載がほぼ確実なものとなりました。

スポンサーリンク

時間に応じてダークモードを自動で適用

以前Google内の関係者がChromiumのバグトラッカーにて誤って公開してしまったメッセージから、Android Qでのダークモード搭載に関する具体的な内容が判明していましたが、その情報通りAndroid Qの設定 > ディスプレイ といった階層にダークモードが配置されていることが確認できます。ダークモードには、常にオン・常にオフの他自動というオプションも用意されています。自動を選択した場合は時間に応じて、つまり夕方や夜など暗い時間帯になると自動でダークモードを適用してくれるオプションのようです。

これまでYouTubeなど主要なGoogle製アプリやサービスは独自にダークモードを採用してきましたが、Android Qのダークモードはシステムレベルでサポートされるため、設定画面やドロワー、通知領域、クイック設定パネルなどシステム全体が黒やグレーで統一。独自のダークモードをサポートしてきたアプリと設定がかち合った場合の挙動は今のところ不明ですが、Android Qでダークモードがサポートされた場合Android版のGoogle製アプリからはダークモードの設定そのものが必要なくなるので、いつの間にか設定項目がなくなっていることも十分に考えられますね。

また、開発者オプションには“override force-dark” 、つまり”強制的にダークモードで上書き”する項目があるとのこと。これによってダークモードに対応していないアプリでも強制的にダークモードを適用することができるようになるようです。

Pixelシリーズを始め最近のスマートフォンではディスプレイに有機ELを採用している端末が急激に増えているため、ダークモードによる省電力効果はそれなりに期待できるでしょう。また、夜間にスマートフォンを利用している際白い画面が目に刺さるように眩しく感じることも多く、目への負担という面でもダークモードの採用は大きなメリット。

例年通りであれば、あと数ヶ月後にはAndroid Qのベータ版リリースがあるはずです。

(source XDA Developers)