【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

マイクロソフトがWindows 10でAndroidスマートフォンをミラーリングする機能をテスト中

3月12日、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview Build 18356(19H1)をファーストリングでリリースしました。このアップデートでは、Windows 10のYour Phoneアプリ(日本では”スマホ同期”の名称)の機能がより強化され、Androidスマートフォンのミラーリング機能をテストできるようになっています。

スポンサーリンク

Windows 10でAndroidスマホをミラーリング

Windows 10でAndroidスマートフォンをミラーリング

現在の「スマホ同期」アプリは、Windows 10搭載のPCからAndroidスマートフォンのSMSや写真へとアクセスできる機能がメインでしたが、最新のアップデートではAndroidスマートフォンの画面をリアルタイムでPC上に表示させるミラーリング機能がテストできるようになっています。

現時点では「スマホ同期」のミラーリング機能を利用できるデバイスは限られており、現在スマートフォン側で対応しているのはAndroid 7.0以降のSamsung Galaxy S8 / S8 + / S9 / S9 +のみとなっています。PC側はBluetooth Low Energyに対応している必要があります。また、マイクロソフトの2 in 1デバイスSurfaceシリーズではSurface Goがミラーリング機能を利用できる最初のSurfaceデバイスになるとのことです。

ちなみにこのミラーリング機能、一部のアプリではマウス操作をサポートしていない、音声はスマートフォン側からのみ鳴る、ソフトウェアキーボードの制御がうまくいかないなど既にいくつか不具合も列挙されており、今後どういった修正が入るのかもある程度見通しが立っている状態です。

現時点ではテスターの中でもさらに極一部のユーザーしか利用できない「スマホ同期」のミラーリング機能ですが、当然ながら今後はサポートするデバイスを拡大していく見通し。私はPCとAndroidスマートフォンのミラーリング機能にはDell Mobile Connectを利用していましたが、Windows 10がデフォルトで同機能をサポートしてくれるのであればそれに越したことはないでしょう。今後のアップデートに期待です。

(source Microsoft)