【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

Web、iOS、Androidの全てのGmailで送信予約機能が利用可能に

2019年4月1日に発表され、Web版のGmailでは一足先に実装されていたメールの予約送信機能。その名の通り作成しておいたメールをあらかじめ指定した時間がくると自動で送信できる機能ですが、単純かつ需要の高い機能のためスマートフォンでも利用可能になる日を多くのユーザーが待ち望んでいました。

タイミングは不明ですが、4月23日に確認したところiOS版、Android版両方のGmailにひっそりと同機能が実装されていることが確認できました。アプリがアップデートされたわけではなくアナウンスも無かったためいちいちチェックしていないと気が付かないかと思いますが、ひとまずこれでサードパーティのメーラーアプリを利用せずにWeb、iOS、Android全てのGmailで送信予約機能が利用可能な状態になりました。

スポンサーリンク

送信予約機能の使い方

せっかくなのでWeb、iOS、AndroidそれぞれのGmailでの送信予約機能の利用手順をまとめてみました。

Web

Web版Gmailが一番わかりやすいように思えます。送信ボタン隣の▼

新規メール作成画面の送信ボタン隣にある▽マークをクリックします。送信日時を設定

すると「送信日時を設定」という項目が出てくるはずなのでクリック。

すると日付と時間が選択できるようになります。日付と時間を指定し「送信日時を設定」をクリックすることでそのメール送信が予約されます。

iOS

iOS版GmailはWeb版に比べるとやや見つけにくいかもしれません。メール作成画面の右上のメニューを開く

新規メール作成画面右上のメニューをタップ。送信日時を設定

すると「送信日時を設定」という項目が現れます。

「送信日時を設定」を選択するといくつかの候補とやはり「日付と時間を選択」が現れます。あとは好きな日時を指定して保存、送信するだけです。

Android

AndroidはiOSとほぼ同じ。Android版Gmailでの手順

新規メール作成画面右上のメニューから「送信日時を設定」を選択し、日付と時間をタップすることで日付・時間を自由に設定することが可能になります。

これまでGmailでは一部のメーラーアプリを経由させないと送信予約をすることができませんでしたが、これで全てのデバイスで同機能が利用できるようになりました。SNSやチャットアプリが普及した現代でもビジネスシーンにおけるコミュニケーションツールの主力はやはりメール。送信予約は汎用性の高い機能だと思いますので、どんどん使いこなしていきたいですね。