【お知らせ】iPad miniのレビュー動画を公開しました!

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」は5月17日発売。5万円以下でも「Pixel 3」と同じカメラ性能

5月8日、Googleの開発者向けカンファレンスイベント  「Google I/O 2019を開催し、予告されていた通り新型のスマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表しました。

今回発表された「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」は昨年10月に発表されたハイエンドモデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の廉価版にあたり、約10万円で発売された「Pixel 3」「Pixel 3 XL」に対して「Pixel 3a」は48,600円からと手ごろな価格に。ボディの材質や一部の機能を変更・撤廃することで、基本的な仕様はPixel 3」「Pixel 3 XL」を踏襲しつつも大幅に価格を抑えた、かなり魅力的なスマートフォンになっていると思います。

スポンサーリンク

2モデル展開だがわずかなサイズ差以外ほぼ同じ

Photo by Google Store

「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」の違いは画面サイズ。「Pixel 3a」が5.6インチのFHD+(2,220 x 1,080)、「Pixel 3a XL」が6.0インチのFHD+(2,160 x 1,080)で、どちらも有機ELディスプレイを採用。名前の通り「Pixel 3a XL」の方がわずかに大型ですが、一方で「Pixel 3 XL」と「Pixel 3a XL」比較すると、「Pixel 3 XL」では特徴の1つとなっていた大型のノッチが撤廃されフラットな通常のディスプレイになっていることがわかります。

また、「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」はそれぞれ3,000mAh、3,700mAhのバッテリー容量を備えますが、どちらもワイヤレス充電には非対応。Googleはせっかく純正のワイヤレススタンド「Pixel Stand」を持っているのに利用できるデバイスが増えないのは残念です。Type-Cポートからの18W急速充電には対応しているので、その点は安心ですが。

カメラ性能はキープ

ノッチが無くなっていることからも察せられるように、インカメラは両モデルともシングルカメラ。「Pixel 3」のような視野角75°から97°へと画角を広げる機能は利用できませんが、「Pixel 3a」ではだいたい中間と言える84°の視野角になっているようですのでグループでのセルフィーも苦手というわけではなさそうです。

背面のメインカメラに関しては「Pixel 3」と完全に同一のもので、機能の制限等もなし。最強の夜景撮影モード「Night Sight」はもちろん、被写界深度を調整して自在に背景ボケをコントロールする深度エディタや背景をモノクロにしてしまいメインの被写体を強調するカラーポップなど、「Pixel 3」が持っていた全ての機能を同じように利用可能ですので価格に対するカメラ性能の高さでは他社モデルを圧倒している出来と言えるでしょう。

メモリは両モデルとも4GBで「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同じ。プロセッサにはミドルレンジのSnapdragon 670を採用し、Felicaチップを搭載しているためおサイフケータイにも対応しています。イヤホンジャックも搭載され、手を出しやすい価格と十分な性能も合わせるといろいろな方面からの需要に応えられそうな多彩なデバイス、といった印象を抱きました。

日本での価格はPixel 3aが48,600円、Pixel 3a XLが60,000円。カラーバリエーションは「Just Black」「Clearly White」「Purple-ish」の3色展開。既に予約受付は開始され、発売は5月17日からになります。