【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

デュアルディスプレイ搭載のハイエンドノートPC「ZenBook Pro Duo」発表。2019年第3四半期に発売予定

良くも悪くもASUSらしい、独創的なデバイスの登場です。

ASUSは5月27日、COMPUTEX 2019に合わせて開催した発表イベントにてキーボードの奥にセカンドディスプレイを備えたハイエンドノートPC「ZenBook Pro Duo」を発表しました。

ZenBook Pro Duo

説明の必要もなさそうな見た目ですが、特徴は従来キーボードが配置されていたスペースの上半分にセカンドディスプレイが搭載されたデュアルディスプレイ仕様である点。また、本来であればテンキーが配置される位置はASUS独自の「NumberPad」に置き換えられています。

スポンサーリンク

ノートPCながらデュアルディスプレイを実現した「ZenBook Pro Duo」

発表された「ZenBook Pro Duo」は15.6型と14型の2モデルで、15.6型が上位に位置付けられるモデル。15.6型と14型の「ZenBook Pro Duo」

主なスペック

15.6型モデルはメインディスプレイにタッチ操作に対応した4K(3,840×2,160ドット)の有機ELパネル、注目のセカンドディスプレイには3,840×1,100ドットの液晶パネルを採用。CPUはCore i9、グラフィックにはGeForce RTX 2060を搭載。これらは「Turbo Cooling」と呼ばれる冷却システムによってハイパフォーマンスが維持されるとのこと。

一方の14型モデルではメインディスプレイがフルHD(1,920×1,080ドット)、セカンドディスプレイが1,920×515ドット、タッチ操作に対応しているのはセカンドディスプレイのみとしっかりと差別化されている印象。CPUはCore i7、グラフィックにはGeForce MX250を搭載するようです。

どう使う?セカンドディスプレイ「ScreenPad Plus」

セカンドディスプレイは「ScreenPad Plus」と呼ばれる

「ScreenPad Plus」と呼ばれるセカンドディスプレイは、Windows側には縦方向に配置された2枚目のディスプレイと認識されるため、用途は様々。メインディスプレイがタッチ操作に対応しているのは15.6型モデルのみですが、「ScreenPad Plus」はどちらのモデルでもタッチ・スタイラスペンに対応しているため直感的な操作が可能になるというのがASUSの主張でしょう。

確かに、画像編集・動画編集などのクリエイティブな用途に用いる場合、各種パラメータやタイムラインを「ScreenPad Plus」上で操作しメインにはプレビュー画面を表示させる、という使い方は単純ながら効率は良さそうに感じます。ストリーマーはこれ一台で完結また、メインディスプレイにゲーム画面、「ScreenPad Plus」上にコメントや配信画面を表示させるといった使い方も想定されている様子。ストリーマーは「ZenBook Pro Duo」1台でプレイから配信までが完結してしまうというわけですね。

無限の可能性を秘めているかもしれない「ScreenPad Plus」ですが、正直なところ機能としてはかなり尖っているために今の段階ではあまり用途が思い浮かばないのも事実。デスクトップPCのデュアルディスプレイのような自由度は確保されているのか、バッテリーは持つのか、タッチやスタイラスの操作性は?といった定番の疑問はもちろんですが、そもそも「どうすんのこれ」感が強いです。しかし実用性がどうこう以前に見ただけでワクワクして物欲を刺激してくるあたり、ASUSらしいデバイスであるとも強く感じます。

VivoBookにも搭載で普及への本気度を感じる「ScreenPad 2.0」

ScreenPad搭載のASUS製ノートPC

ScreenPad搭載のASUS製ノートPC

「ZenBook Pro Duo」に搭載されている「ScreenPad Plus」は、従来モデルに採用されていたディスプレイ型のタッチパッドであるScreenPadの発展形。最上位モデルである「ZenBook Pro Duo」に最も進化したScreenPadが搭載されたことで、それ以下のモデルにも順当にステップアップした「ScreenPad 2.0」が搭載されることになりました。「ZenBook 13」「ZenBook 14」「ZenBook 15」シリーズはもちろんのこと、最も低価格な普及モデルである 「VivoBook S14」「VivoBook S15」にも「ScreenPad 2.0」が搭載されるというのだから驚きです。

スマートフォンライクなUIとタッチ操作を備えた「ScreenPad 2.0」はスタイラスにも対応。今後はZenシリーズだけではなくASUSのノートPCの特徴としてScreenPadが搭載される流れになっていくのでしょう。COMPUTEX 2018で披露された当初はイロモノに思えた機能でしたが、今回の発表を見るとASUSのScreenPad普及への本気度が伝わってきます。

「ZenBook Pro Duo」の発売時期は2019年第3四半期とのこと。日本でも発売されることはほぼ間違いないかと思いますが、その場合は改めて日本で発表会を実施するのではないかと思われます。

(source YouTube)