【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

OPPO RenoがAndroid Qのベータ版に対応

日本国内でのユーザー数はかなり少ないとは思いますが、OPPO Renoが新たにAndroid Q のベータ版に対応していました。

OPPO RenoがAndroid Qのベータ版対応リストに追加

Android Q ベータ版対応デバイスのリスト内にOPPO Renoが掲載されています。Renoシリーズは現在複数のモデルが世界各国で販売されていますが、Android Qのベータ版に対応しているのはRenoの通常版と呼ばれている型番CPH1917EXのモデルのみ。このモデルは現在日本市場へ投入されるという情報は無く、日本発売が確定している10倍ズーム版、Reno 10x Zoom(型番CPH1919)は今のところAndroid Qのベータ版を利用することはできないようです。

スポンサーリンク

利用手順

RenoでAndroid Qのベータ版を利用する手順は大まかに以下の通り。

  1. バックアップを取る:設定 > その他の設定 > バックアップと復元 > 新規バックアップからバックアップを取る。
  2. パッケージのダウンロード:Android Q ベータアップグレードファームウェアパッケージをダウンロード。
  3. インストール:Renoの電源を切り、電源ボタンと音量ダウンボタンを押したままにして回復モードに入る。2.のアップグレードファームウェアパッケージを見つけて、「インストール」をタップ。

アップグレードが完了すると、インストールが成功したことを示すダイアログボックスが表示されるので、そのまま再起動をタップ。以上でRenoがAndroid Q ベータ版にアップグレードされるはずです。

言うまでもありませんが、ベータ版のインストールや利用は完全に自己責任です。ベータ版を適用させるとこれまでのデータは消去されますし、動作が不安定になる可能性も十分にありますので日常的に使っている端末で試すべきではない、あくまでも開発者向けの機能です。日本でRenoを持っているユーザーで、Renoをメイン機に据えている人などはまずいないと思うので問題ないとは思いますが念のため。

詳細は以下のOPPO Color OSフォーラムをチェックしてみてください。