【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

次期Galaxy Watch 2のコードネームが判明。回転ベゼルが残されるかどうかに注目

第三世代まで続いたGearブランドを廃止しGalaxyブランドへと統一されたサムスンのスマートウォッチは、Galaxy Watchとして昨年の8月10日に正式発表、国内では10月25日に発売されました。

Galaxy WatchはGear S3からやや間が空いての登場となりブランドが一新されたことも相まって期待されていましたが、堅実でよくできたデバイスではあるものの”進化”を感じられるポイントは少なかったのも事実。そのため必然的に後継モデル「Galaxy Watch 2」へさらなる期待をしてしまいます。

そしてここ数日でGalaxy Watch 2に関する情報が少しずつですが明らかになってきています。

スポンサーリンク

コードネームは「ルネサンス」に。物理的な回転ベゼルは廃止?

Galaxy Watch

まず、Galaxy Watch 2にはコードネーム「Renaissance(ルネサンス)」が与えられたとSamMobileが報じています。ルネサンスは再生や復活というニュアンスを持つ、ご存じの通りかつて西欧で広まった古代ローマ文化の復興を目指す風潮のこと。半年以上前に判明したGalaxy Note 10のコードネームが「Da Vinci(ダ・ヴィンチ)」であったこととも関連性があり、Glaxy Note 9とGalaxy Watchと同様に、Galaxy Note 10とGalaxy Watch 2が8月7日に同時に発表されるものと思われます。

さらにSamMobileは、サムスンが「Digital Bezel」「Touch Wheel」「Touch Bezel」という商標を出願していたことも報じています。「Digital Bezel」については以前Galaxy Note 10はボタンレス設計になる可能性があるとの噂が浮上していたことからそれに関連する商標かとも思われたようですが、「Touch Wheel」「Touch Bezel」というワードはスマートウォッチにまつわるものと考えた方が自然です。
Galaxy Watch Activeが回転ベゼルを廃止したことでGalaxy Watch 2が回転ベゼルを搭載しているかどうかが注目されていますが、今回出願された商標を見る限りでは従来の物理的な回転ベゼルは廃止される可能性が高いのではないかと思います。その代わりに「Touch Wheel」「Touch Bezel」等と呼ばれるソフトウェア的にベゼルへの操作を感知する仕組みが搭載されるのではないかと。いずれにせよGalaxy Watch Activeのような”回転ベゼル廃止”だけはどうにか避けてもらいたいところです。
Galaxy Watch 2に関して、続報が入り次第お伝えしていきます。
(source SamMobile1,2)