【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

OPPO、初のアンダースクリーンカメラを発表

6月26日から上海で開催されていたMWC 2019にて、OPPOが世界で初めてアンダースクリーンカメラ(ディスプレイ下に埋め込まれたインカメラ)を正式に発表しました。なお今回の発表はあくまでも技術の発表であり、同技術を搭載したスマートフォンの登場はまだ先になる見込み。先日Twitterにて公開していたデモ機の動画を正式な場で改めて発表した形になります。

スポンサーリンク

アンダースクリーンカメラの魅力と課題

OPPOが発表したアンダースクリーンカメラの概要は上記動画の通り。この動画から確認できるカメラモジュールは現在も頻繁に見かける水滴型ノッチそのもののように見えますが、OPPOはアンダースクリーンカメラの開発にあたってカメラモジュール、ディスプレイの両方をカスタマイズする必要があったとしています。カメラはより多くの光を取り込めるような大口径で大きなセンサー、カメラに重なるディスプレイ部分には適切な透過率を確保できる独自の透明素材を用いているとのことでした。

カメラの上にディスプレイが重なっている以上、得られる光量は限られ画像もぼやけがちになります。OPPOは「ホワイトバランス・HDR・かすみの除去」の3つのアルゴリズムを調整することで、ディスプレイのクオリティを最大限下げることなくその問題を解決しようとしているようです。

アンダースクリーンカメラが実現すれば、ノッチやパンチホール、スライド、ポップアップなどの特殊なギミックを一切必要としない、非常に未来的なフルスクリーンのスマートフォンが登場することになります。スライドやポップアップのギミックが無ければユニボディとなり防水防塵対応も進んでいくことでしょう。アンダースクリーンカメラの実装はインカメラを利用しないユーザーにとってはあまり興味がない話に感じるかもしれませんが、地味ながらスマートフォン全体の進化に大きく関わってくる技術だと思います。

一方で、この技術を採用したスマートフォンについてはスペックや登場次期などは不明のまま。先ほど述べたようにまだ技術的には課題が残っている様なので、本格的な実装にはもう少し時間がかかるかもしれません。

そういえば昨日OPPOのフラッグシップの次期モデルFind X2の発表は来年に持ち越されたとの情報がありました。

その理由は「より優れたフラッグシップとなるように改善点を追求すること」とされていますが・・・。期待してしまうのは気が早いですかね。
(via GSM Arena)