【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

JPQR:QRコード決済の規格がついに統一。メルペイ、LINE Payなどが8月1日から導入へ

QRコード決済の統一規格 「JPQR」が、8月1日より各スマートフォン決済サービスに導入されることが明らかになりました。本日7月25日に「一般社団法人キャッシュレス推進協議」が発表したもので、当初は2019年8月1日(木) 午前0:00から各サービスのQRコードを統一規格へと切り替える予定のようでしたが、切替時の混乱を避けるために日時を変更したようです。

これによりメルペイやLINE Pay、各種銀行Payなどの使用時に表示されるQRコードが、「JPQR」規格に沿ったものに変更されます。

スポンサーリンク

8月1日午前3時 「JPQR」がスタート

JPQR

「〇〇Pay」の名前と共に無秩序に増殖しているQRコード決済。結局のところは還元やクーポンなどを大盤振る舞いしている一部のみが利用されその他のサービスは見向きもされていないような状態ですが、それでも尚その種類は増加傾向に。そんな乱立するQRコード決済をまとめるために登場した統一規格が今回の「JPQR」です。

各サービスによって生成されるQRコードに統一規格を設けることで、導入する店舗側の負担が軽減。これによりいわゆる「キャッシュレス決済」をさらに推進するという目論見です。

「JPQR」 は今年3月29日にキャッシュレス推進協議によって公開された「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン」に基づき策定。現時点で移行することが発表されている以下の6サービスでは、2019年8月1日午前3時を境に従来のQRコードがJPQRへと切り替わります

  • au PAY
  • 銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • りそなウォレット

さらに8月1日以降も各コード決済サービスでJPQRへの移行が予定されており、年内にさらに6サービスがJPQRに準拠する予定とのことです。

(source 一般社団法人キャッシュレス推進協議)