【11/4】YouTubeチャンネル更新!動画を公開しました!

Amazonから第2世代Fire TV Cubeが登場。EchoとFire TVの機能を兼ね備えた万能デバイス

11月5日、Amazonから第2世代Fire TV Cubeが発売となりました。

Fire TV Cubeは、従来「Fire TV」が担ってきたメディアストリーミング機能とスマートスピーカー「echo」シリーズでおなじみのAmazon Alexaによるハンズフリーの音声操作機能が組み合わされた、新手のメディアストリーミングデバイス。

米国では2018年に第1世代モデルが発売されていたましたが、当時の日本では取り扱いは見送りに。この度登場した第2世代にて、Fire TV Cubeの日本初上陸となります。

スポンサーリンク

ヘキサコアプロセッサを搭載、Dolby Atmos / Vision、60fpsの4K UHまで対応

Fire TV Cube

Fire TV Cubeはその名の通りキューブ型のスタイリッシュなデザインで、核となる機能はFire TVそのもの。YouTube、Prime Video、Netflix、Hulu、DAZN、FOD、AbemaTV、Tverといった動画配信サービスに対応し、4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR、HDR10+、Dolby Atmosなど多彩な規格に対応することで臨場感のある映像とサウンドを楽しめます。

付属のリモコンでFire TV Cubeを操作することも可能ですが、天板を見て分かるように本機にはAlexaが搭載されているため、音声によるハンズフリー操作が可能。8個の内蔵マイクによりどの方向から話しかけられても音声を認識することができるとされており、離れた位置から「○○を再生して」と話しかけるだけで目的の動画を再生させることができます。

また、Fire TV Cubeには赤外線リモコン機能も搭載されているためテレビやサウンドバーなどをハンズフリーでコントロール可能。「Echo」シリーズ同様にAlexaスキルも利用できるため、様々な使い道がありそうです。

Fire TV Cubeは11月5日に発売開始され、執筆時点での価格は14,980円。「Fire TV」シリーズとしても「Echo」シリーズとしても活用できる1台2役の便利ガジェットでありながらデザイン性も良い、非常に魅力的なデバイスです。

Fire TV Cube

コメント

タイトルとURLをコピーしました