BREAKING

Galaxy A53 5Gの日本版予約受付が開始。UQモバイル・au・ドコモから5月下旬以降に発売

サムスン電子ジャパンは4月7日、同社最新のミドルレンジスマーフォン「Galaxy A53 5G」の日本発売を発表した。

執筆時点で取り扱いが発表されているのは、UQモバイル・au・ドコモ。発売日は5月下旬以降の予定だ。

スポンサーリンク

Galaxy A53 5Gのスペックと特徴

Galaxy A53 5G

「Galaxy A53 5G」は、サムスンの新型ミドルレンジスマートフォン。2021年3月に登場した、Galaxy A52の後継機種となる端末だ。

ディスプレイサイズは6.5インチで、解像度はフルHD+。パネルにはSuper AMOLED Display(有機EL)を採用し、ハイエンドモデル同様最大120Hzの高リフレッシュレートにも対応する

Galaxy A51やGalaxy A52からInfinity-Oデザインも継承しており、上部の中央にパンチホール型のインカメラを1基搭載する。ガラスには頑丈なGorilla Glass5を採用。

Galaxy A53 5Gの背面

背面は装飾や模様がほとんどないシンプルなデザイン。

64MP(F1.8)の広角カメラ、12MP(F2.2)の超広角カメラ、5MP(F2.4)のマクロカメラ、同じく5MP(F2.4)の深度測定カメラのクアッドカメラを搭載

カメラの種類解像度絞り値光学手振れ補正(OIS)
広角(メイン)6400万画素F1.8対応
超広角1200万画素F2.2非対応
マクロ500万画素F2.4非対応
深度500万画素F2.4非対応

メインのカメラにはVDISテクノロジーを搭載した64MP OISカメラを搭載しており、シーンを問わず鮮明で安定したショットを撮影できるという。

AIを活用したナイトモードでは、一度に最大12枚の画像が自動的に合成されるため、明るくかつノイズの少ない写真を撮影可能。また、暗い環境で動画を撮影する場合にフレームレートは自動的に調節され、明るくクリアな動画を作成できる。

ポートレートモードも強化されており、2種類のカメラと強力なAIを使用して、奥行きと被写体の輪郭をより正確に判断可能。

なお、フロントカメラ(インカメラ)は32MP(F2.2)となっている

Galaxy A53 5Gの背面

「Galaxy A53 5G」は、プロセッサーにExynos 1280を採用。6GBのメモリと128GBのストレージを内蔵している。最大1TBまで対応したmicroSDカードスロットも搭載されているが、イヤホンジャックは搭載されていない。

 Galaxy A53 5G
プロセッサーExynos 1280
メモリ6GB / 8GB
ストレージ128GB / 256GB

バッテリー容量は5000mAh。ワイヤレス充電には対応せず、有線では25Wの急速充電が利用できる。ただし、充電器は同梱されていないようなので注意が必要だ。

防水防塵性能も備えており、1mの水中に30分間沈めても耐えられとしている。

カラーバリエーションは、オーサムブラック・オーサムホワイト・オーサムブルーの3色。

発売日

「Galaxy A53 5G」は UQモバイル・au・ドコモから5月下旬以降に発売される予定。

関連【比較】Galaxy A53・Galaxy A73・Galaxy A33の違いを解説

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。