【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

ポケモンGOのプレイに役立つ4つのアイテム

日本でも配信から数日が経ち、何かと話題になっているポケモンGO。今回はそのポケモンGOをプレイする上で便利になるガジェットやアクセサリを紹介します。

スポンサーリンク

モバイルバッテリー

GPSやマップの3D表示、AR機能などポケモンGOはかなりバッテリー消費が激しいゲームです。基本的に外で動き回ることが前提で、電源の確保も難しいのでモバイルバッテリーはほぼ必須と言えます。私が使用しているのは、AnkerのPowercore20100です。

このモバイルバッテリーは、大容量ではありますがかなり重さを感じるので、もう少し小型のPowercore10000などがおススメです。

こちらは先ほどの物の半分ほどの容量ですが、それでも一般的なスマートフォンであれば2~3回の充電が可能です。何より重量が180gと軽く、気軽に持って出かけられるという点が魅力です。

サブのスマートフォンorタブレット

ポケモンGO

ポケモンGOは同一アカウントでログインすれば複数の端末でプレイすることが可能です。そのためサブのスマートフォンかタブレットを用意しておけば、上述のモバイルバッテリーと組み合わせ、一台を充電しながらもう一台で遊ぶということが可能です。データ通信ができる端末が一台あればもう一台もテザリングで通信できるので、気軽に2台体制でポケモン探しの旅に繰り出すことができます。また、Intel Atom搭載のスマートフォン、タブレットは一応非対応となっていますが、ほとんどの端末でポケモンGOが動作することも確認できました。

Atom搭載のスマホ・タブレットでPokémon GOが起動するかをチェック
ついに日本でもポケモンGoが配信されました。そこで、手持ちの端末のいくつかでポケモンGoがインストール&起動ができるかどうか検証してみました。 注意 i...

短いケーブル

モバイルバッテリーを使用し、カバンやポケットの中で充電する場合、家庭で使う機会の多い1m超えのケーブルは上手く収まらなかったり絡まったりと煩わしさを感じることがままあります。そこでモバイルバッテリーとセットで使う用の短いケーブルを用意しておくと取り回しがしやすくなります。

Amazonベーシックのこのケーブルは10cmと非常に短く、モバイルバッテリーに挿しっぱなしにしてもそれほど気にならないのでおすすめです。

アンチグレアフィルム

これから本格的な夏になるにつれて、日差しはより一層強くなっていきます。スマートフォンの画面に強い日光が当たるとディスプレイの明るさが日光に負け、非常に見えにくくなってしまいます。そこで日差しの反射を軽減させるアンチグレアフィルムを装着させることで、強烈な日差しの下での視認性を高めることができます。また、アンチグレアフィルムはサラサラと滑りの良い手触りの製品が多いため、モンスターボールを投げる動作など、操作性の向上も見込めます。

ガラスフィルムにもアンチグレアがいくつかあり、当ブログでも何度か紹介したFarfallaのアンチグレアガラスフィルムがおすすめです。