Aukeyの手のひらサイズでコンパクトなBluetoothヘッドホン、EP-B26レビュー

スマートフォンのアクセサリーでおなじみのAukeyさんからコンパクトなbluetoothヘッドホンEP-B26を送ってもらったので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Aukey EP-B26

ep-b26開封。折りたたまれた状態のEP-B26、充電用のケーブル、ユーザーマニュアルが入っています。aukey ep-b26

ユーザーマニュアルは多言語対応で日本語にも対応。ペアリングの手順やLEDインジケーターの点滅の仕方の意味を確認するのに割と必要でした。EP-B26は手のひらサイズ箱から出してみました。折りたたまれた状態のEP-B26は手のひらサイズで非常にコンパクト。

広げてみたところ。

関節部分。一方向に曲がるようになっているだけのシンプルな作りで、長さの調節などはできないようになっています。

EP-B26で聴いてみて

音についてはわりと低音寄りで、ベースなどがボンボンと鳴ってくれるように感じます。高音までスッと綺麗に伸びてくれるのであまり癖がなく聞きやすい音質で、2000円台のBluetoothヘッドホンにしてはよくできていると思います。以前紹介したAukeyのEP-B18は開放型ということもあり抜けの良いクリアな音質な分低音好きには物足りなさがありそうでしたが、EP-B26ではある程度低音に厚みがあるので低音を楽しみたい方は迷わずこちらを選んだ方が良さそうです。

音質については価格を考えると十分に満足できる一方で、独特の装着感は好みが分かれそうなポイント。一般的なヘッドホンと違ってバンド部分が頭の上ではなく首の後ろに来る構造になっています。軽量でかつ外出時には髪型が崩れないという利点もあるのですが、ヘッドレストのあるイスなどでは引っかかってしまうため正直快適とは言い難いです。寝ながらの使用も同様ですので、外出用と考えた方が良さそうに感じました。また、眼鏡をかけている人は併用が難しそうです。操作部分

コントロール部分は突起が浅く指で記号を判別するのは難しいですが、ボタン自体が大きくできているので比較的すぐに慣れることができ、音量調節と曲送りは感覚でできるくらいにはなると思います。真ん中のLEDインジケーターがかなり眩しくピカピカするのでそこもちょっと気になる点ではありました。

Aukey EP-B26はコンパクトでデザインの良い反面、万人にはおススメしにくいちょっと癖のあるBluetoothヘッドホン。使ってみた感じバッテリーは丸一日持ちますし、いかにもヘッドホンをつけているという感覚の無いその形状から、家ではなくウォーキングや軽いランニングの時などは良い相棒になりそうです。デザインが特徴的なので見た目にもこだわる、特にイヤホンジャックが撤廃されたiPhone 7 / 7 Plusユーザーは検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonでチェックする