TypeC端子と電源ボタンを備えたSeneoのワイヤレス充電スタンドをチェック

Galaxy Note 8の急速充電に対応したSeneoブランドのワイヤレス充電器を購入したのでレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TypeC端子&電源ボタンが特徴

こちらが今回購入したSeneoのワイヤレス充電スタンド。

2コイル搭載で縦置き・横置きどちらの場合でも充電が可能。ここら辺はスタンド型であれば基本性能と言ってもいいくらいには当たり前になってきました。

付属品は簡易的な説明書の他はケーブルのみ。

この充電器の特徴はポートがTypeCである点。ワイヤレス充電器ではまだ結構珍しいのではないでしょうか。身の回りの製品の充電用ケーブルを少しずつTypeCに統一し始めている身としてはこれは嬉しいポイントです。もちろん先ほどの付属ケーブルもTypeC。

もうひとつ変わっているのが電源ボタンを搭載している点。充電中にボタンを押すことで充電をストップさせることができます。

Galaxy Note 8を充電してみました。反応も悪くなくしっかり充電してくれますが、充電中は常に前面のLEDが青く光っているのは寝室などで使用する場合は間違いなく気になるところです。

もちろん急速ワイヤレス充電にも対応。ワイヤレス充電ながらまずまずの速度で充電されていきます。

手前にSeneo、奥に前回紹介したRAVPowerのワイヤレス充電器を置いてみたところ角度の差が結構あるのがわかります。またSeneoの方が大きくスペースを取っているのもちょっと気になりますね。

RAVPowerのワイヤレス充電器と比較してしまうと個人的にはやはり常にLEDが点灯している点が一番気になるところでしたがそれ以外は概ね満足といったところ。最先端を行くTypeCポートに対応していることやバッテリーへの負荷や発熱が気になる場合には電源ボタンによってただのスタンドとして使うことができるなどの柔軟な使い方ができるのは魅力的な部分で、似たような製品が溢れている充電器というカテゴリの中でも選ぶ理由がしっかりと確立されている製品に感じます。値段も手頃ですし選択肢の一つとしていかがでしょうか。

Amazonでチェック