【お知らせ】OPPO Reno 10x Zoomのレビュー動画を公開しました!

Pixel 4の主なスペックが判明。初の試みとなる90Hzの「スムーズディスプレイ」搭載か

昨年同様に多くの情報がリークされているGoogle Pixel 4。レンダリング画像を始めとした一部の情報はリークされたのちにGoogle自らが情報を公開するというこれまでにない流れを見せています。

そんな中9to5Googleは”独自の信頼できる情報源”から得たというGoogle Pixel 4の詳細なスペックを公開。これまでのPixelシリーズには無かった新たな機能の搭載にも期待できる内容になっています。

スポンサーリンク

90Hzの「スムーズディスプレイ」搭載。バッテリーはやや減

Pixel 4、Pixel 4 XLは引き続きガラスボディを踏襲。前面には3D顔認証に用いられる各種センサー、シングルレンズのインカメラ、スピーカー、そしてジェスチャー操作を実現するためのSoliレーダーチップを収めるための大きなベゼルが設けられ、背面にはデュアルレンズを搭載したスクエア型の大きなカメラモジュールがやや飛び出すような形で配置されるとのこと。

Pixel 4のレンダリング画像

カメラは位相差オートフォーカスを備えた12MPと望遠用の16MP。さらにGoogleはPixelシリーズのカメラ向けにデジタル一眼レフカメラのようなアクセサリを開発しているとも伝えられていますが、詳細は不明です。

ディスプレイはPixel 4が5.7インチのフルHD+、Pixel 4 XLが6.3インチのクアッドHD+で、共に有機ELを採用。これまでのPixelシリーズにない試みとして、このディスプレイは90Hzのリフレッシュレートを実現した「スムーズディスプレイ」になるとのこと。ゲーミングスマートフォンを謳うROG Phone 2の120Hzには及びませんが、60Hzのリフレッシュレートである一般的なスマートフォンに比べて滑らかな映像再生や操作感に期待ができます。

上記のような注目ポイントの裏でひっそりとバッテリー容量が減少している点には注意。具体的にはPixel 4が2,800 mAh、Pixel 4 XLが3,700 mAhになると言われており、Pixel 4 XLに関してはPixel 3 XLの3,430mAhから大きく増量されたもののPixel 4はPixel 3の2,915mAhよりも減少。これが連続使用時間にどこまで影響を与えるのかは気になるところです。

Pixel 4、Pixel 4 XLはSnapdragon 855を採用し、Pixel 3ではハイエンドにしては物足りなかったメモリは4GBから6GBへとアップ。ストレージは64GBと128GBのラインナップが確認されているとのことでした。

例年通りであればPixel 4、Pixel 4 XLは10月頃に開催される新製品発表イベント「Made by Google」にて発表されるはず。もっとも、ここ最近の流れが続くのであれば発表イベント開催前にほぼ全ての情報がリークされ、Googleがそれを認めてしまうかもしれませんが。

(source 9to5Google)