【お知らせ】OPPO Reno Aのハンズオン動画を公開しました

Google Pixel 4は1,600万画素の望遠カメラを採用し3D顔認証にも対応?

例年通りであれば10月には発表されると見られているGoogle Pixelシリーズの次期モデルPixel 4。リーク情報として噂されていた画像をGoogle自らが公開したことで、Pixel 4にはついにデュアルカメラが搭載されることが判明していますが、この度そのカメラの詳細をAndroid Q betaに搭載されているカメラアプリのコードからある程度推測できると9to5Googleが報じています。

スポンサーリンク

1,600万画素の望遠カメラ&フロント赤外線カメラ

Googleが予告したPixel 4の画像がこちら。スクエアのカメラモジュールにレンズが2基搭載されていることがわかります。

9to5Googleによると、Android Q betaから確認できるカメラセンサーの中にこれまでには存在しなかった「REAR_TELEPHOTO」「FRONT_IR」の2種類のセンサーが追加されているとのこと。「REAR_TELEPHOTO」に関しては約1,600万画素になることも指摘されています。これらのセンサーがどういったものかの詳細は予想になりますが、名称をそのまま受け取れば「REAR_TELEPHOTO」は背面の望遠カメラ、「FRONT_IR」はフロントの赤外線カメラと考えるのが自然。

最新のPixel 3でもシングルカメラを貫いたGoogleですが、暗所撮影は得意のソフトウェアで最適化できてもさすがにズームは厳しいでしょう。昨今のスマートフォンはズーム性能が急激に向上していますので、Pixel 4でそのトレンドに追いつくことになるのかもしれません。

また、フロントの赤外線カメラに関しては十中八九3D顔認証に利用されるものでしょう。Pixel 3 XLでは大型のノッチを採用し、Pixel 3、Pixel 3aシリーズでもベゼルの存在感を消し去れなかったGoogleですが、顔認証用のカメラが搭載されるとなると、Pixel 4シリーズでもベゼルレス化にはあまり期待ができないかもしれません。

(source 9to5Google)