ASUS ZenTour 2016 in札幌 イベントレポート

P_20160319_160357

ASUS ZenTour 2016 札幌会場に参加することができたので、イベントレポートを書いていきます。画像がかなり多めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スライド紹介

今回のイベントで使用されたスライドは自由に撮影、アップロードしてもよいということだったので、そのスライドを使ってどのようなプレゼンが行われたのか紹介したいと思います。

まず初めにスケジュール。次にASUS ZenFanについて。このASUS ZenFan、非常に興味深いので応募してみようと思います。

今回提供してもらった製品についての注意事項。参加者と製品のシリアル番号が紐づけられているので転売、交換等はできないとのことです。

ここから本格的にプレゼンが開始。まずはZenシリーズ全般についてのお話でした。ASUSにはPCメーカーとしては珍しくデザイン部門があるそうで、日常生活においてスマートフォンやタブレットがどのように見えるかを検証するためにキッチンのセットなどもあるとか。Zenpadシリーズの前身であるMemopadとのデザインの違いなども聞けました。たしかにZenシリーズのデザインはかなり凝っていると思います。

初のZenシリーズはZenbookだそうです。そしてそのZenbookは日本で初めてのウルトラブックでもあったそうです。ASUSはこの「日本初」が大好きとのこと。

その他Zenシリーズの商品について。androidタブレット販売台数1位だそうです。いまだにnexus7が売れていることや種類が多いこと、全体的に価格が抑えられていることなどを考えると納得ができます。学生の自分にとっても他と比べて非常に手が出しやすい価格帯の製品が多いです。

ここから今回のメインであるZenPad8.0のプレゼンです。エンボスレザー柄にクラッチバッグのようなデザインを取り入れることでガジェット感を無くしたスマートな見た目が特徴。タブレットには珍しい豊富な純正アクセサリーも魅力です。

ASUS Tru2Life Technologyについて。端的に言うと画面が綺麗ということです。このあたりはZenpad S8.0を持っているのでなんとなくわかりますが、Zenpad8.0ではどうなのか使ってみてレビューしていきたいです。

ZenUIの特徴的な機能であるZenMotionの実演なんかもしていました。キッズモードや簡単モードの説明も。

純正アクセサリーのAudioCoverとPowerCaseについて。AudioCoverについては実際にどんな音がなるのかも聞かせて頂きました。この辺もレビューしていきたいと思います。

多くの方から「裏蓋が開けにくい」との声があるようで裏蓋の開け方のレクチャーもありました。「爪を使う」「怖がらない」が大事とのこと。何度も開け閉めしても蓋が馬鹿になることはないので安心してくださいということでした。

Q&A

このあと質疑応答の時間がありました。私は緊張しまくりでこの時間には質問できず、後のタッチ&トライの時間に質問したのですが、それも併せて興味深かかった質問と回答を載せておきます。

Q.日本以外のアジア製品は品質が悪いというイメージを持っている人が多い。ASUSはそんなことないのだから、台湾の会社ということをもっと前面に出すのはどうか。

A.まずは性能や品質の良い物を作るのが第一。国にはこだわらず、多くの人に製品を使ってもらえるようになり、「ASUSって台湾だったんだ!」と言われるようになりたい。

Q.中華端末にはデュアルOSの物があるがASUSは作らないの?

A.使いやすい、本当に必要とされている物を作りたい。なのでこれからそういう要望が増えればあり得る。

Q.ASUSと言えばマザーボード。Zenシリーズの『Zenマザーボード』とかどう?

A.面白そう。ぜひ検討したい。

Q.小型のZenFoneは?

A.今回のZenTourでも多くの要望があった。小型端末需要は日本特有だが、かなり積極的に考えている。


スライドとプレゼンはこんな感じでした。その後のタッチ&トライでもスタッフの方との距離がとても近く気軽に話すことができ、特に小型端末の需要についてシンシアさんが丁寧に教えてくださったのが印象的でした。また、カメラアプリの美人モードで盛り上がるなど和気あいあいとした雰囲気で、初めてのイベントでも楽しむ事ができました。今後もこういうイベントがあればぜひ行ってみたいですね。

タッチ&トライの様子はこちらの記事から。

先日ASUS ZenTour 2016札幌会場のイベントレポートを書きましたが、画像が非常に多く、記事も長くなってしまったためタッチ&トライ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする