【11/27から5日間!】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーの攻略法!

Galaxy Book Flex α(アルファ)、5月12日に発売。価格は約14万円から【韓国】

韓国サムスンは4月30日、新型のコンバーチブル型2-in-1ノートPC「Galaxy Book Flex α(アルファ)」を5月12日から韓国市場で発売することを発表しました。

「Galaxy Book Flex α(アルファ)」は、世界で初めてQLEDディスプレイを搭載したノートPC「Galaxy Book Flex」から派生したモデル。サムスンが主にテレビ業界において力を入れているQLEDディスプレイの技術を、ノートPCに落とし込んだことで注目を集めたシリーズです。

「Galaxy Book Flex α(アルファ)」は、13.3インチと15.6インチの2種類のサイズで展開され、それぞれCPUやグラフィック、メモリなどが異なる複数のモデルが用意されます。価格は1,575,000ウォン(約140,000円)からとなる予定です

スポンサーリンク

Galaxy Book Flex α(アルファ)、約14万円で発売

「Galaxy Book Flex α(アルファ)」は、360度回転可能なQLEDタッチディスプレイを搭載した2-in-1デバイス。Galaxy Noteシリーズおなじみのスタイラスペン「Sペン」にも対応し、状況に合わせた柔軟な使い方ができることが特徴です。

Galaxy Book Flex α(アルファ)

筐体はアルミ素材によるフルメタルボディで、13.3インチモデルでは13.9mmの薄さと1.19kgの軽量さを実現。15.6インチモデルでは15.9mmと1.63kgとなります。

0.7mmのペン先を持つSペンは、4,096段階の筆圧検知に対応し、本物のペンで書いているような書き心地を提供。簡単なメモ書きから画像やPDFデータへの書き込みはもちろん、講義や会議の内容を録音しながら、キーボードでタイピングするのが難しい内容を「Sペン」で筆記することができる「ボイスノートwith Pen」機能にも対応しています。

Galaxy Book Flex α(アルファ)でSペンを活用しているシーン
Galaxy Book Flex α(アルファ)でSペンを活用しているシーン

インターフェースには、USB Type-Cポート×1、USB Type-Aポート×2、HDMIポート×1、MicroSDカードスロット×1、3.5mmイヤホンジャック×1を備えており、近年のラップトップとしては充実のラインナップ。

タブレットとしても扱える2-in-1スタイルであり、さらにSペンの存在によってクリエイティブな作業にも向いているためか、MicroSDカードを直接挿入できるスロットを装備。ラップトップには搭載されていないことも多いインターフェースのため、非常に魅力的です。

Galaxy Book Flex α(アルファ)スペックシート

 13.3インチモデル15.6インチモデル
OSWindows 10 Home
ディスプレイ13.3インチ QLED FHD(1,920×1,080)タッチスクリーン15.6インチ QLED FHD(1,920×1,080)タッチスクリーン
CPU第10世代Intel Core プロセッサー
グラフィックIntel UHDグラフィックス
メモリ16GB DDR4
ストレージ1TB NVMe SSD
バッテリー54Wh 最大17.5時間の連続駆動
カメラ720p HD
サイズ / 重量304.9 × 202.0 × 13.9 mm / 1.19kg355.66 x 230.19 x 15.9 mm / 1.63kg
インターフェースUSB Type-C ×1 / USB 3.0 ×2 / HDMI ×1 / MicroSDスロット ×1 / 3.5pi HP Mic
ネットワークBluetooth v5.0、Wi-Fi 6(Gig +)、802.11 ax 2×2
カラーバリエーションマーキュリーグレー
その他Sペン対応、指紋センサー搭載

※15.6インチモデルには、メモリとSSDの増設用スロットが確保されています。

価格と発売日。日本での展開は?

「Galaxy Book Flex α(アルファ)」は、韓国にて5月12日に発売されます。

サムスン公式サイトでは5月1日から10日の期間中、正式発売に先立って事前オンライン販売を実施しています。なお事前オンライン販売の販売台数は500台限定となっています。

上記500台は、完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「Galaxy Buds+」とスタイラスペン「Sペン」がセットになった特別パックとなっており、価格は13.3インチモデルが2,380,000ウォン(約210,000円)、15.6インチモデルが2,480,000ウォン(約220,000円)となっています。

Core i7-10510Uを搭載した「Galaxy Book Flex α(アルファ)」
Core i7搭載モデルが掲載

なお、正式販売分の構成や価格は今のところ明らかにされていませんが、最小構成の価格は1,575,000ウォン(約140,000円)からとなる予定です。サムスン公式サイトにはCore i7-10510Uを搭載した13.3インチ・15.6インチの「Galaxy Book Flex α(アルファ)」が掲載されていますが、価格やその他のバリエーションは公開されていないようです。

日本を含めたグローバルへの展開についても新たな情報は公開されていません。これまでサムスンのノートPCが正式に日本市場に投入されたケースはほとんどないため、日本での発売はほぼ絶望的かと思われます。

しかし、サムスンは過去に、2020年前半までにGalaxy Book Flex α(アルファ)」をグローバルで提供すると述べています。米国等で発売されれば、Amazon経由で日本からの購入も楽に行えるかもしれません。

追記

米国で「Galaxy Book Flex」「Galaxy Book Flex α」「Galaxy Book Ion」の3機種が発売されました。詳細はこちらから
米国にてGalaxy Book Flex / Iron / Flex α(アルファ)が発売。日本からの入手もしやすくなる?

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました