【注目】楽天モバイルでiPhoneシリーズが販売開始

【2月26日追記】Galaxy Tab S7 / S7+のSペン、アドレスバーやメッセージでも手書き可能に。今後のアップデートで対応

サムスンは現地時間2月18日、Galaxy Tab S7とGalaxy Tab S7+にソフトウェアアップデートをリリースする予定であることをアナウンスした。

アップデートにより、Galaxy Tab S7 / S7+のSペンがさらに多機能になり、また、Galaxy Buds Proと連携したオーディオ性能も強化される。

スポンサーリンク

Galaxy Tab S7 / S7+、Sペンの手書き入力範囲が大幅に拡張予定

アップデートが適用されたGalaxy Tab S7やGalaxy Tab S7+では、アドレスバーにSペンで手書き入力ができるようになる。記号を含め書き込みは即座にテキストに変換されるので、スムーズに入力可能とのことだ。

単語間に「v」を描きこむとスペースが入力され、「⌒」を描きこめばバラバラの単語が接続される。

また、メッセージアプリでも同様に手書き入力ができるようになる。入力は素早くテキストに変換されるので、メッセージが届くたびにSペンを置く手間が省けるはずだ。

Samsung Notes(Galaxy Notes)にもアップデートは適用され、80を超える言語でSペンの手書きからテキストへの変換を利用できる。

スキャン機能が強化

さらにSamsung Notes(Galaxy Notes)では、スキャン機能がさらに手軽に使えるようになる。[添付]アイコンのなかにスキャンという項目が追加されるので、そのまま書類のスキャンを行い、Sペンを使って自由に編集可能だ。

Galaxy Buds Pro
Galaxy Buds Pro

オーディオに関する機能も追加される。具体的には、最新の完全ワイヤレスイヤホンGalaxy Buds Proの360°オーディオに対応する。

360°オーディオを有効にすると、頭の動きに合わせて左右イヤホンの音量が自動で調節され、360°囲まれているようなサラウンド体験が可能。タブレットの大画面と非常に相性がよい機能だと言える。

本記事で紹介したGalaxy Tab S7とGalaxy Tab S7+向けのアップデートは、2021年2月中にリリースされる予定。しかし、時間をかけて全ての市場に展開されるため、地域ごとにタイミングが微妙に異なる可能性がある。

追記(2021/02/26)

2月25日時点で、ドイツなど一部の地域で本記事で紹介したアップデートのリリースが確認されている。

ソフトウェアバージョンは「T976BXXU1BUBB」で、セキュリティパッチが2021年3月に更新されるようだ。

[source @jonasinfarbe]

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました