【注目】楽天モバイルでiPhoneシリーズが販売開始

サムスン、「Galaxy Tab S7 / S7+」 を正式発表。120Hzのリフレッシュレートに対応、Dexは待望のワイヤレス化

現地時間8月5日、サムスンは新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を開催し、かねてから噂されてきた新型Androidタブレット 「Galaxy Tab S7」および「Galaxy Tab S7+」 を発表しました。

価格はGalaxy Tab S7が649ドル、Galaxy Tab S7+が849ドルから。ブロンズ・ブラック・シルバーの3色のカラーバリエーションを取り揃えています。

スポンサーリンク

Snapdragonチップセット865+搭載、120Hzのリフレッシュレートに対応

Galaxy Tab S7シリーズは、大型のGalaxy Tab S7+と下位モデルのGalaxy Tab S7の2モデル展開。

Galaxy Tab S7+は、12.4インチ(2,800×1,752ピクセル、アスペクト比16:10)のSuper AMOLEDディスプレイを搭載。一方Galaxy Tab S7は11インチ(2,560×1,600ピクセル)のLCDディスプレイを搭載しています。

両モデルともリフレッシュレートは最大120Hzに対応しているため、滑らかな表示を体験可能。ディスプレイにパンチホールは設けられておらず、インカメラはベゼルに配置されています。

Galaxy Tabシリーズの強みであるSペンにももちろん対応。

Sペンは、同日に発表されたGalaxy Note20シリーズと同等の性能を搭載しています。レイテンシが(遅延)が低減されたことにより、紙にペンを走らせている感覚で筆記できるほか、「Air actions」や「Samsung Notes」の機能追加の恩恵も受けられます

専用のキーボードカバーも新たに登場。キーボード側と本体背面のスタンド側で分離できるため、スタンドだけを利用し、マイクロソフトのSurfaceライクな使い方が可能。

本体をキーボードに接続するとおなじみのPCモード「Dex」が即利用可能なほか、これまで有線接続でディスプレイへの出力に対応してきた「Dex」が、Galaxy Tab S7 / S7+ではついに無線接続に対応したことも見逃せません。

Galaxy Tab S7 / S7+のスペック

 Galaxy Tab S7Galaxy Tab S7+
OSAndroid 10(One UI 2.5) Android 10(One UI 2.5)
ディスプレイ11インチLCD(2,560×1,600ピクセル)12.4インチAMOLED(2,800×1,752ピクセル)
プロセッサSnapdragon 865+Snapdragon 865+
メモリ / ストレージ6GB / 128GB
8GB / 256GB
6GB / 128GB
8GB / 256GB
背面カメラメイン:13MP、F2.0
超広角:8MP、F2.0
メイン:13MP、F2.0
超広角:8MP、F2.0
インカメラ8MP、F2.08MP、F2.0
バッテリー8,000mAh / 45W急速充電対応10,090mAh / 45W急速充電対応
サイズ / 重量253.8 x 165.4 x 6.34mm / 495g285 x 185 x 5.7mm / 590g
カラーバリエーションMystic Black・Mystic Bronze・Mystic SilverMystic Black・Mystic Bronze・Mystic Silver

基本性能はGalaxy Tab S7 / S7+で共通しており、プロセッサにSnapdragon 865+を採用、メモリとストレージは6GB + 128GBおよび8GB + 256GBの組み合わせが用意されます。

Wi-Fiモデル、およびWi-Fi + LTE対応モデルに加え、5G通信が利用可能な地域では5G対応モデルも投入されるようです。

バッテリー容量には大きな差があり、Galaxy Tab S7が8,000mAhなのに対して、Galaxy Tab S7+は10,090mAhというモバイルバッテリーかのような超大容量

カメラはメインとなる広角と超広角を組み合わせたデュアル構成。パーツレベルでの差は不明ですが、数値上のスペックは広角が1,300万画素のF2.0、超広角が800万画素のF2.0とGalaxy Tab S7 / S7+で共通です。

どちらも生体認証として指紋認証を搭載しますが、Galaxy Tab S7が本体側面の指紋センサーを利用するのに対して、Galaxy Tab S7+は画面内指紋認証に対応しています。

価格と発売日

Galaxy Tab S7 / S7+は、米国では2020年秋以降に発売される予定。冒頭でも述べたように価格はGalaxy Tab S7が649ドル、Galaxy Tab S7+が849ドルからで、Wi-Fi・LTE・5Gなど対応している通信によって複数のモデルが用意されます。

なお日本市場への投入は執筆時点では不明。Galaxy Tabシリーズは一部のモデルが法人向けとして国内展開されてますが、一般向けとしてはほとんど実績がありません。

国内におけるハイエンドAndroidタブレットの数が少ない現状では、Galaxy Tab S7、Galaxy Tab S7+は非常に有力な選択肢となるでしょう。日本国内での発売に期待です。

Amazon.comでGalaxy Tab S7+を検索

コメント

YouTubeチャンネル始動!

端末のレビューを中心にタッチアンドトライやハンズオン、発表会の様子などの動画を投稿しています。
レビュー動画では、スペックシートからはわからないリアルな感想をカッコいいBGMと共にテンポよくお届けする独自のスタイルを模索中。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

動画はこちらから!
タイトルとURLをコピーしました