【注目】楽天モバイル、MNPで15,000ポイント還元中

ドコモ版Galaxy S21 / S21 Ultraにセキュリティパッチ更新(2021年5月)と不具合改善のアップデートがリリース

ドコモがサムスンGalaxy S21(SC-51B) / S21 Ultra(SC-52B)向けに、セキュリティパッチ更新のアップデートをリリースしている。

アップデート開始日は2021年6月2日。対象端末には順次アップデートの通知が表示されるはずだ。

更新時間は端末本体によるアップデートの場合は約10分、PCによるアップデートの場合は約66分(S21 Ultraは10分と64分)となっている。

スポンサーリンク

ドコモ版Galaxy S21 / S21 Ultraのセキュリティパッチが2021年5月に更新

本アップデートの対象端末はGalaxy S21(SC-51B) / S21 Ultra(SC-52B)の2モデル。両機種とも4月22日に発売されたモデルであり、今回が発売後初のソフトウェアアップデートとなる。

関連Galaxy S21/S21+/S21 Ultra、4月22日に日本発売。S21+はau、S21 Ultraはドコモから

今回のアップデートの内容はセキュリティパッチ更新がメイン。アップデート実行後、セキュリティパッチレベルは2021年5月に更新される。また、シンプルマイク01で音声による終話ができない場合がある不具合も改善される。

なお、アップデート後のビルド番号(ソフトウェアバージョン)は以下の通り。

  • Galaxy S21(SC-51B):RP1A.200720.012.SC51BOMU1AUE1
  • Galaxy S21 Ultra(SC-52B):RP1A.200720.012.SC52BOMU1AUE1

現在のソフトウェアバージョンはホーム画面から「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の順で確認できるので、S20シリーズのユーザーは確認しておくといいだろう。

なお、国内のGalaxyスマートフォンのアップデート状況は以下のページにまとめてあるので参考までに。

関連Galaxyスマートフォンのアップデート状況

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット、テニス、料理、スターウォーズなど。ペンギンも大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届け。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。

タイトルとURLをコピーしました