BREAKING

マウスコンピューターから「DAIV 6シリーズ」が登場。動画・イラスト・画像など用途に応じて4モデルから選択可能

DAIV-6

株式会社マウスコンピューターは7月7日、クリエイター向けパソコンブランドDAIV(ダイブ)から16型の新ノートPC「DAIV 6シリーズ」を4モデル発表した。

4K動画編集向けの「DAIV 6H」とRAW現像や動画編集向けの「DAIV 6N」は7月7日(木)に、
イラスト制作や画像編集向けの「DAIV 6P-RT」とデータチェックや簡単な編集向けの「DAIV 6P」が7月下旬に発売される予定だ。

関連マウスコンピューター「DAIV 4P」レビュー。 約985gの軽量&パワフルなノートPC

スポンサーリンク

「DAIV 6シリーズ」4モデルが7月に発売

「DAIV 6シリーズ」4モデルが7月に発売

「DAIV 6シリーズ」は、16型の新ノートPC。ボディには頑丈なマグネシウム合金、ディスプレイ周囲には4辺ナローベゼルデザインを採用した薄型・軽量の設計が特徴だ。

「DAIV 6シリーズ」は、スペックの異なる4つのモデルを共通の新筐体で展開。基本仕様である使い勝手の良さや、クリエイターに最適の豊富なインターフェースはそのままに、用途にあわせてスペックを選択できるというコンセプトを基に開発されている。

「DAIV 6シリーズ」4種類
  • 4K動画編集向け:DAIV 6H
  • RAW現像や動画編集向け:DAIV 6N
  • イラスト制作や画像編集向け:DAIV 6P-RT
  • データチェックや簡単な編集向け:DAIV 6P

DAIV 6シリーズの特徴① 薄型・軽量

DAIV 6シリーズの特徴① 薄型・軽量

「DAIV 6シリーズ」は、筐体素材に軽量で強度の高いマグネシウム合金を使用した、持ち運びしやすい新型ボディを採用している。

最上位モデル「DAIV 6H」では、約18.5mmの薄さで約1.65kg(標準構成・付属品およびケーブル類除く)を実現。また、小型軽量なスリムタイプのACアダプタを採用しているほか、BTOで軽量な0.2mのショートタイプのACケーブルを選択することで、さらに軽量が可能だ。

DAIV 6シリーズの特徴② sRGB比 約100%対応

DAIV 6シリーズの特徴② sRGB比 約100%対応

「DAIV 6シリーズ」には、sRGB比 約100%の広色域に対応した液晶パネルを採用されている。外出先でも確認用の外部ディスプレイを別途用意することなく、本体の液晶パネルだけで精度の高い色調整が可能だ。

さらに、16.0型でアスペクト比16:10、WQXGA 解像度(2560×1600)に対応しているので、上下にタスクバーやメニューバーを表示した状態でもフルHDの作業領域を確保できる。見開きの原稿確認や文書の作成、動画・画像編集なども効率よく行えるという。

DAIV 6シリーズの特徴③ インテル第12世代プロセッサーを搭載

DAIV 6シリーズの特徴③ インテル第12世代プロセッサーを搭載

「DAIV 6N / 6P-RT /6P」では、14コア/20スレッドのインテル Core i7-12700H プロセッサーを搭載。

32GBメモリ構成で、2021年のDAIV 5Nシリーズに比べてMAXON CINEBENCH Release23におけるマルチコア性能が約21.6%、シングルコア性能が約20.6%(※3)向上している。

さらに、最上位モデル「DAIV 6H」に搭載のCore i9-12900Hプロセッサーでは、Core i7-12700Hプロセッサーに比べ、シングルコア性能が最大6.8%向上し、さまざまなアプリケーションや使用シーンで高いパフォーマンスを発揮できるとのこと。

また、CPUの冷却に欠かせないグリスには液体金属を採用しており、発熱を効率よくヒートパイプに伝導させることで高性能CPUのパフォーマンスをさらに引き出せるという。

DAIV 6シリーズの特徴④ 最大4画面のマルチディスプレイ表示

DAIV 6シリーズの特徴④ 最大4画面のマルチディスプレイ表示

「DAIV 6シリーズ」には、最大40Gbpsの高速データ転送を可能にするThunderbolt4が搭載されている。CFexpressカードリーダーやSSD・RAID ハードディスク、10GbE対応LANアダプタなど、多彩な周辺機器の接続が可能だ。

さらに、データの保存に必要な内蔵ストレージとして、NVMe 接続に対応した M.2 SSD を標準搭載。
BTOカスタマイズにより、最大4TB(2TB×2)の SSD 増設や最新の PCI Express Gen4×4接続に対応した、より高速なタイプも選択できる。

外部映像出力は、HDMI・USB 3.1 Type-C・Thunderbolt 4の3系統を装備し、
最大4画面のマルチディスプレイや液晶ペンタブレットの接続など、作業内容ごとに必要な周辺機器を柔軟に接続できる。

また、Dolby Vision・Atmosもサポート。「Dolby Atmos for Headphones」機能により、本来は複数のスピーカーで実現する「Dolby Atmos」対応コンテンツの立体音響を、手持ちの任意のヘッドホンやイヤホンで楽しむこともできる。

価格と仕様

 CPU &グラフィックス価格(税込・送料別)
DAIV 6HCPU:インテル Core i9-12900Hプロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX3070 Ti Laptop GPU (8GB)
36万9800円
DAIV 6NCPU:インテル Core i7-12700Hプロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX3060 Laptop GPU (6GB)
26万9800円
DAIV 6P-RTCPU:インテル Core i7-12700Hプロセッサー
グラフィックス:GeForce RTX3050Ti Laptop GPU (4GB)
23万9800円
DAIV 6PCPU:インテル Core i7-12700Hプロセッサー
グラフィックス:インテル Iris Xe グラフィックス
19万9800円

コメント

ひがし

平成6年生まれの男。趣味はガジェット・テニス・料理・スターウォーズ・カードマジックなど。ペンギンとオカメインコが大好き。

当サイトでは主にGalaxyを中心に様々なガジェットのリークやニュース、レビューなどをお届けしています。今は完全ワイヤレスイヤホンにご執心。